FC2ブログ
我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

またまた例によって補足というものを。。。
マリアンナは、月1回のカウンセリングという感じでした。
大体、私らから状況報告して、困ったこと・悩んでる事を相談するという形が多かったです。
そんな時、担当してくれた先生(とりあえずT先生としときます)は
「う~ん、そんなこと気にしなくても良いんじゃないかしら~」
「そんなことしなくても、良いのよ~」
と、のほほ~んと回答してくれた事が多かったです。
かといって、通り一遍な答えばかりかというとそうじゃありません。

話題が「躾」ということに及んだときです
「あまり躾とか意識しないほうが良いと思いますよ~」
と、いつもの調子の返事がきました。そこで私がつっこみを入れたんです
「だけど、今、躾けておかないと後々大変な事になるんじゃないですか?」

すると、T先生は、ふっと厳しい顔をして、毅然とした感じでこう応えたんです
T先生:「そのあたりはその人それぞれの考え方があるとは思います。
 だけどこういうお子さんには、余り躾ということを考えない方がいいですよ」

私:「でも大人になったら。。。どうなんでしょう…余り甘やかすのは…」

T先生:「最終的には親御さんでお決めになれば良いと思いますが、
 私の存じ上げてるお子さんで、20歳近くになってもトイレが独りでできない
 方がいらっしゃいます。でも、その子はとっても良い子なんです。
 親御さんととっても仲がよくって、いつも明るい子なんです。
 私はそれで良いと思っています」
 「今焦って他の子と同じようにしようと思わない方が良いんです。
 こういう子は歩みは遅いけど着実に成長していきます。
 それを焦って躾けようとするとかえって逆効果
 焦らなくっても良いんです」
 「この子が20歳になった時で勝負して下さい。
 どうかその時に、他の子(他のやり方をした・厳しく躾けた自閉症児)と比べて見て下さい。」

とても強い信念に裏付けられた言葉でした。

そうこうして何回か通ってるうちに、ふっと気がついた事がありました
[羅針盤と止まり木]の続きを読む
スポンサーサイト