我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日に、障害のある子たちのスポーツ大会がありました。
103校の小中学校の特殊学級、養護学校の生徒たちが体育館に集合!
種目も、50メートル走、つなひき、玉入れ、中学生のリレーなどなどの簡単なものばかり。
親も子も、学校の運動会よりも楽しそうです。
[スポーツ大会]の続きを読む
スポンサーサイト
昨日の記事でマリオにPCを好きにやらせてると書きましたが、
最近スパイウェアが問題になってるので、ためしに今日、
私とカリンのPCを調べてみたら、なんと私のが4個、
カリンのが5個ひっかかってきました。
 …この夏に買ったばかりなのに。メールも他人からの添付は
  一切あけずにやってきたのに、、、これには少々びっくり

もしや!?っと思い、マリオが寝静まったいまやってみたら。。。

なんと40個のファイルが引っかかってきた!!!
うち4個はメモリーにくっついてるとか

世の自閉症児をおもちのお父さん、
子供にPCをいじらせるのをオススメしましたが、
チェックだけはやりましょう!

 …私がやったのは、spybot というフリーウェアでした
マリオがトミカタウン:ローソンに瞳を輝かせてからほどなくして、我が家には一大トミ
カタウンができあがったというような話を以前にしました。自閉症児って、ひとつの事
にどっぷりとつかりやすい傾向がありますね。そこで、ちょっとマリオが今まではまっ
たものを思い出してみたいと思います。

続きはこちら ↓ ぽちっ
[親バカ気分]の続きを読む
・・・その事件は、休日の夕方に起こった・・・


マリオ、ルィージ、主人と私の四人は、
よく行く『ハンバーグレストラン』に行った。

いつもは早い時間に行って待たずに席に着く。
しかし!
その日は行った時間が少し遅かったのか・・・
たまたまお客が多かったのか・・・

とにかくお店は混んでいた・・・
[おしぼり事件!]の続きを読む
幼稚園の時、一度も遠足に行った事がなかったマリオ。
どうしてかって?だって、幼稚園の遠足なんてだいたい動物園とか自然公園とか、
とにかく広いとこが多いですよね。
そんなとこ連れていったら最後、物凄い多動のマリオは、ぱぁ~っと走って何処かに行ってしまう。
また、それを無理に捕まえてみんなと一緒に団体行動させようものなら、もの凄いパニックになるだろう。

当時3つ違いの弟をいつも一緒に連れていたので、弟連れて、マリオを追いかけ、団体行動・・・
うぉ~っ!無理!無理!無理!
マリオだって押さえつけられての遠足なんて、楽しいはずないし、むしろ辛いだけだと思う。
そして、私の疲労も・・・。
だから小学校にあがるまで、遠足に行ったことがありませんでした。
[初めての遠足]の続きを読む
(今回のお話は、自閉症とは直接関係ありません)
最近みつけて、気に入っているブログ【小学校長のお仕事】
http://blog.livedoor.jp/princip1950/

 …現役校長が、その思いのままを赤裸々につづり、しかも生徒ひとりひとりを深くみつ
めて、いろいろな切り口での話があり、とても面白いサイトです。今回、「不登校…様々
なケース」というテーマでのブログがあり、それによって考えることがあって書きました。

とくに冒頭の一節

> 私は、あるタイプの子どもたちにとって、男女を問わず、学校は戦場であり、子どもたちは
> 戦士なのだと思っている。集団の中での生活というものは、独特の緊張を伴っているもの
> であり、子どもは傷を負って学校から戻ってくる。

> 安定した家庭のぬくもりが、心の傷を癒し、明日も出かけて行こう、戦場に立ち向かって
> 行こうという勇気、元気を与えてくれるのだ。
> ところが、家庭のこの機能が崩れてしまうと、子どもたちは学校に行く気力を回復させることが出来なくなる。

たしかに!

いろいろと考えさせられます。
 …というか、これ、私ら働いてる父親(企業戦士?_?)についてもいえそうだ!(汗

家庭が、心傷ついた子供たちの、最後の防波堤となる。子供たちの心休まる場所になる。
 …これって大事なことだし、あらためて、心しなくちゃと思いしらされるお話です。

でも、読み終わったあとに、私はどこかザラりとしたものを感じました。
何かひっかかる。これって、何だろう…?

続きは、ポチっとね↓
[こどものへの敬意]の続きを読む
ノジ母さんのブログをみて、
「ルィージが産まれた時のネタ?があったじゃん!」と思いだしました^^;

よく、クリックすると「パッ!」っとそのブログや記事に飛べますよね?
私はPC初心者なので、そのような高度な技が出来ませんっ!
アドレス書いておきますので、勝手に飛んでくださいネ♪

ノジ母さんのブログは、自閉っ子ノジとの散歩道 http://qmasan.blog29.fc2.com/ でーす。

ってなことで、私はマリオが3歳2ヶ月の時・・・今から思えば多動で言葉もでなく・・・

そう!一番大変な時期にルィージを出産してしまったのです!!!

しかし、産まれてくる命は止められない!
今大変だからもうちっと待って。なんて言えない~~~っ!
(知り合いで21世紀ベィビーにするんだー!と言い、陣痛我慢していた人がいましたが、
我慢できずに1999年12月31日の23時半に産んじゃったっけ。あはは^^;)
[弟が産まれた時]の続きを読む
なんかKという名前がいっぱい出てきて混乱する人も多いかも。。。
そう、このころ何故か「K」のイニシャルばかりだったんです
もういっかい整理すると

 K先生:小学校を選ぶときに出合った、「この人になら!」と思えた先生
     「ぼくはこの子らに遊んでもらってる」という名言を残す。
     残念ながらマリオが入学したときに、教育委員会へ異動

 KB先生:教育相談のときの教育委員会の先生。その昔障害児を受け持ったという。
     最初お役所的なことを言うような印象だったが、のちほど全然違うことが判明。
     入学のときにはいろいろとお手数をおかけした方

 KW先生:マリオ1年のときの担任。とにかくカリンをハゲさせた張本人。
     上司だけにはウソや誇張で良い顔を取り繕うが、子供への対応はまるでダメ。
     未だに本人は反省すらせず教鞭をふるってるとか

 KO先生:マリオ2年のときの担任。まじめに物事をすすめる方。
     基本どおりに良く動いてくれたが、まじめすぎたのがアダになったか
     ニジマス先生に。。。

ちなみに、2年の2学期に急遽赴任したA先生も、苗字はK。。。
あまりに紛らわしいので、ファーストネームでA先生となりました。
また、ついでながら、あのマリオの通った幼稚園の園長先生。この方もKです。

そんなわけで、続きはポチっとね!↓
[先生にもとめられるもの]の続きを読む
さてさて、マリオが2年生になり担任が代わりました。
同じく精薄学級のM先生も7年目だったので異動し、40代の女の先生になりました。

うちらの学級の担任は、私と同じ歳の女の先生。名前はKO先生、花の独身!
なんでも、学生の頃に自閉症とかの勉強をしたとこがあるという。

むふっ♪期待しちゃう!(´∀`)ノ
きっと教頭先生が頑張って探してきてくれたのだと思う。

そして担任が変わったと同時に、校長先生も変わりました。(前の校長はご病気のまま定年退職)
今度の校長先生は、以前特殊学級を持っていたことがあるとかで、よく私たちの教室を覗きにきてくれ、
また、クラス行事にも積極的に参加してくれました。
校長先生のお話はまた今度ということで・・・
とりあえず担任の話にいっくぞ~!
[2年生の担任♪]の続きを読む
続き。。。親と教師の話し合いの場で、最終決戦をいどむ

夕方…たしか4時頃からの話し合いでしたが、当日私は有給をとりました。
だけど、あえてスーツを着て、ネクタイをしめていきました。もちろん、これは相手に
「大人」「冷静」「客観的」という印象を与えるためです。

そして、とにかく感情的にものをいうことを避け、まずは事実だけを淡々と述べるように
努めました。事実の有無を皆に共有してもらう。その上で私達の考えをゆっくりと述べる。
つとめて冷静に、できるかぎり物静かに。でも、しっかりと声を出して。
そして、最後の最後、「親」の情をぶつける。感情に訴える。
私はこんな作戦を描いていました。

その為に書き綴った、事実の積み重ね…カリンの手帳はびっしりと文字で埋められてます。

続きは、ポチっとしてね↓
[決戦!その2]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。