FC2ブログ
我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

続き。。。親と教師の話し合いの場で、最終決戦をいどむ

夕方…たしか4時頃からの話し合いでしたが、当日私は有給をとりました。
だけど、あえてスーツを着て、ネクタイをしめていきました。もちろん、これは相手に
「大人」「冷静」「客観的」という印象を与えるためです。

そして、とにかく感情的にものをいうことを避け、まずは事実だけを淡々と述べるように
努めました。事実の有無を皆に共有してもらう。その上で私達の考えをゆっくりと述べる。
つとめて冷静に、できるかぎり物静かに。でも、しっかりと声を出して。
そして、最後の最後、「親」の情をぶつける。感情に訴える。
私はこんな作戦を描いていました。

その為に書き綴った、事実の積み重ね…カリンの手帳はびっしりと文字で埋められてます。

続きは、ポチっとしてね↓
[決戦!その2]の続きを読む
スポンサーサイト