我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が言われた訳じゃないのに、その話を聞いた時に
「なんじゃっ!そりゃ~っ!!!」
怒りで一杯になったお話があります。
今でも忘れられませんっ!

これはマリオと同じクラスだった、2歳年上のルフィー君のお話です。
[試練!?]の続きを読む
スポンサーサイト
政道さんのブログ記事「出会い」にトラックバックします。
http://white.ap.teacup.com/9004/136.html
政道さんの奥さんの会社の社長のお子さんも実は自閉症で、いろいろと
苦労をされた方とのことで、こんなお話がありました。

障害を持つ子どもを育てるのは、夫婦の力だけでは絶対無理なので、できるだけ多くの人に相談をしろ、そしてアドバイスをしてくれる人、助けてくれる人が必ずいるから、見つけ出せ。

それから、マイナスをプラスに変えろ、と言った。
障害児を持つことをマイナスと考えるな、息子がいたから今の僕がある、頑張ろうという気持ちを持ち続けることができた、と言った。


続きは、こちら
[上を向いて歩こう]の続きを読む
Hidekiが既に書きましたが、
3年生の時の先生は「お兄ちゃん先生のT先生」
私の記憶では、
音楽好きでとても面白く、でも叱る時には恐~い先生。だったかな?

T先生の教室には、
いつも「アニメタルソング♪」がかかっており
(私にとっては懐かしい曲ばかりキャーッ)

また先生はギターを弾いたり縦笛を吹いたり
(すんごい上手かった!)
とにかく、いつも教室に音楽がありました。
[マリオ小3だじょー]の続きを読む
私は、3人兄弟の一番上、しかも下は妹が2人。つまり「兄」というものを知ら
ない。だけど、マリオが小学3年のときの担任になったT先生は、お兄さんとい
うのは、こんな存在になるのかなぁと思わせる人でした。

というわけで、続きはこちらで↓
[お兄さん]の続きを読む
昨日のカリンのあげた記事をぼーと見てたら、ふと感じたことがあります
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-64.html#CommentHeader
もし、自閉症の何の予備知識もない人が、いきなりこの記事をみたらどう思うか?
また、たとえばこのときのウェイトレスのお姉ちゃんがどう思ったか?

「子どもが怒るのを恐れて、何も躾けられない、言うがままになっている親」

そんな印象をもったのじゃないかと思う。

 …実はすでに別の記事を書いていたのですが、急遽思うことがあって書きました。

というわけで、続きはこちらへ↓
[逆からみたら]の続きを読む
今日の午前11時半頃、突然テレビが映らなくなった
ん!?
ネコ達が後ろのコードを抜いてしまったか!?
(前に2匹で追いかけっこをしていて、コードを抜いてしまったことがある)
「チャッピーかっ!?」↓原因はいつも大体この子。
     20051120212415.jpg


いやいやチャッピーはラムと、一緒にお昼寝している・・・スヤスヤ
     20051120212447.jpg


じゃ、なんで?

衛星放送だけは映ってるが、他のチャンネルは「砂嵐状態」だ。
となると、ケーブルTVの方のトラブルか・・・
しかし!
午後1時からは、マリオが毎週楽しみにしている
「元祖!でぶや」の再放送がある!!!
どうしよ~・・・
[頑張ったマリオ]の続きを読む
この前?・・・少し前?・・・9月だっけ?・・・

まぁ、いいや。
私が「さわぐマリオ」の話を書く為に、マンガをPCで描いていた時のこと・・・
真剣?にPCに向かう私を見て、マリオが
「ママ、何やってるんだ?」
と聞いてきました。
[趣味♪]の続きを読む
行って来ました!ルィージの参観日!

教室に行くと、扉のとこにB君のお母さん発見!(☆▽☆)キラーン!☆
そそそそそ────っ。と近づく私。

「Bさーん!久しぶり~元気だった~?」

そして
「ごめ~ん、実はさ~。ルィージとB君、トラブってるみたいなんだけど・・・」
と私は切り出した。


[ちょっかい その2]の続きを読む
ガチャ、ガチャ。
「ただいま・・・。」
「お帰り~!ルィージ!」

「 ・ ・ ・ ・ ・ 。」


むむむぅ。

今日もルィージがネタ背負って帰って来た。
いやいや、ネタではなく悩みを・・・

       今回は弟ルィージの話です。
[ちょっかい]の続きを読む
■■今回は「学ぶ楽しさ」という事について、言い出した手前自分なりの思いをまとめてみました■■
だから、自閉症とはちと離れた記事になるかもしれません

というのは、以前も紹介したことのある「小学校長のお仕事」というブログで、
小学校の教育という事で、「学ぶ楽しさ」を教えて欲しい…子どもに、勉強する
ことをつらく、苦しいものにさせないで欲しい。我慢して苦しい勉強をした子ど
もは、学校を卒業して大人になると勉強しなくなる、社会に出ると学ばなくなる。

というような事を申し上げたら、ショッキングな、でもある意味で納得できる様
なお話があげられました

【学ぶ楽しさを子どもたちに(1)】
http://blog.livedoor.jp/princip/archives/50223461.html

勉強したいという子が年々減り、もう勉強をしたくないという子が増えている。
一方で帰宅後の勉強時間は若干減っている、というのです。

ということで、またまためっちゃ長くなりそうなので(ごめんなさい)、
続きはこちらで↓
[「学ぶ楽しさ」について]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。