我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとうきてしまった。運命の選考会。
って、落ちることはないという話は聞いているので、親としては平常心でいるのだが、
そもそもマリオが行ってくれるだろうか?試験ができるだろうか?

という思いは未だにぬぐえない。

そんな選考会について、続きはこちら↓
話は昨日の夜にさかのぼります。
夜のこと、寝る前に何の気なしに窓の外をみると、何やら白いものが…
なぬ。。。ゆ、雪!?
しかも、粉~雪(by レミオロメン)どころか、ドカドカ降ってる…

予定では、家から自転車で駅までいって、JR→地下鉄のつもりでいたが、
雪道の自転車は、さすがに危ない。。。う~ん、自動車で行くしかないか!
私が一緒だからということで特別なんだ、という言い訳もたつ。
ということで、急遽起床時間を30分早めることになりました。

んで、翌朝。カーテンを開けると、そこには白銀の世界が。。。
案の定しっかり積もってました。しかも、晴れてるけど、めっちゃ寒い。
こんな状況では時間が読めないので、2時間前に家を出ることにしました。
マリオにしてみれば、自動車で移動となり、むしろラッキー

予想外に1時間ちょいで着いてしまい、近所のコンビニで時間をつぶしたあと、
いよいよ学園に

マリオは大人しくスリッパに履き替えて、あがってきました。

会場は2階、階段をのぼると、突然マリオが指をさしてこういいました。

「あのさ~、壁が...」

実は、カリンもどの壁を壊したのか具体的な場所は知らなかったのですが、
たぶん、マリオが指差したところを壊したんでしょう。

でも、キレイに直ってました。

「うんうん、でももうキレイに直ってるね~」

カリンがそういうと、マリオは返事もせず、そのまま教室に。

   たぶん。。。これで彼なりに、気持ちの整理をつけてくれた。…かな?

受験者控え室には、かなりの数の親子づれがいました。
そこにいる子ども達からは、「あ~、緊張するー!」と声が上がってました。
生まれてはじめての選抜/選考会ですからね。当たり前です。
でも、今回の選考会の趣旨を知ってる親の方は、落ち着いたものです。

カリキュラムをみると、まず生徒は最初ペーパーテストと作文…1時間
なぬ?1時間も!?、だ・・・だいじょうぶかな?(というかムリかも)
当然テストだから別室で生徒だけで受けるわけです。
ま、まあ力だめしなんだから、できる限りで良いと思うのだけど。

子ども達がテストを受けてる間、親が学園と面談をうけます。
そして、ペーパーテストがおわったら、今度は子どもが面接をうけることになります。

冒頭に学園長からの挨拶と簡単に今日の流れの説明があったあと、

「それでは、生徒の皆さんはA会議室に移動してください」と声がかかりました

マリオは、その声がかかると、おもむろにすっくと立ち上がり、部屋を出て行きました。
僕らが指示とか促しとか何かしたわけでもないのにです。
ちょっとした出来事でしたけど、嬉しかった。

「マリオ、がんばれよ!」と、その背中に声をかけてあげました。

一方、私達の方も「親の面談」です。さっそく所定の部屋へ。
チラとA会議室を覗くと、マリオは一番後ろの席に座ってる。
ちょっと、心なしか緊張気味の顔。

(マリオ、がんばれよ!)

面談は、運営委員会の方と教師の方であわせて3名の方と行われました。
運営委員会といっても、私達と同じ「親」です。

「学園を志望された動機を聞かせてください」

う、そういえば、僕らは何ら面談の準備もしてこなかったし、考えもまとめてないや。
思わず、カリンと目をあわせて、(どっちが答える?)と一瞬お見合い。
カリンの目が、(あんたが言いなさい!)と訴えている。

「義務教育の間は、子どもの気持ちを最優先しつつ、力を伸ばすようにしてきました。
 ところが、中学を卒業した後を考えてみると、社会での就業訓練・作業訓練といった
 そんな内容の学校が多く、どうなんだろう?と思ってました。
 まだマリオは15歳。
 どんなことができるのか、社会の中でどういう人生を送るのか、
 色んな遊びと学びと交友の中から、ゆっくり見つけさせてあげたい。
 そんな環境を一番実現しているのが、この学園だと思ったから志望しました」


正直、ブログをやってて良かったと思います。
なぜって、これは以前に記事に書いたことなんです。
記事にして、文章にまとめると、
ぼんやりとしていた「考え」がくっきりとしてくるんですよね。

決してウソでも誇張でもなく、本心からそう思っていることなのですが、
一度文章にしてまとめると、それがすぅっと出てくるから不思議です。

面談は、学園の説明、学園への要望、子どものことで知っていて欲しいことなどで、
時間の30分はあっという間におわりました。

面談を終えて、控え室に戻るときに、開いてる窓の隙間からチラっとA会議室を覗くと
なんとマリオはまだ机に向かって、必死に何か書いてるではないですか!!

おぉ、がんばってるやん
さすが、自分から「力だめし」といってただけのことはある
きっと同級生であり親友でもあるS君に、がんばってくる!と約束してきたんだろうな

結局、1時間のペーパーテストの間、マリオは一回も教室から抜け出すこともせず、
というかずっと机のプリントに向かって試験(力だめし)に取り組んでいました。
正直いって、初めてみました。こんながんばってるマリオの姿をみたのは。
驚きです。

できる限り、邪魔しないよう、私達は控え室で待っていました。
控え室の親御さんたちも、わが子のがんばりにちょっと感激してるようでした。
「1時間も良くがんばってるよね」「選考会ということで気合が入ってるんだよね」

ガタガタと物音がし始めたので、1時間の試験が終わったようです。
子ども達がめいめいの親の元にもどってきました。「つかれた~」「緊張した~」

マリオは。。。戻ってこない?
あれ??

ここは、あえて迎えにいかずに待つことにしました。

でも、帰ってこない。

「そのまま、次の面接にいったんじゃない?」とカリン

え!?

私は勘違いしてました。子どもの面接は親と同伴でやるものと思ってた。
子ども一人だけで面接するのか!?…まあ、普通はそうかもしんないけど

やはり、マリオはA会場から、私達のいる控え室によらず、
そのまま面接の会場へ直行していたようです。

マリオのことだから、
「この学園でがんばりたいですか?」 …「うん」
「いままで楽しかったことは?」   …「わかんない」

こんな面接をしてるのかなぁ
でも、意外と答えていたりして

面接をおえて部屋に戻ってきたマリオ。

「おつかれさま~、試験は何の問題を選択したの?」とカリンが聞くと

「うんとね、音楽!」

(な、なぬ?、お…音楽?)

実際のところは分かりません。正直、今回のテストの結果をみてみたいです。
作文なんか、とくに興味ありまくりです。
マリオがどんなことを書いたのか、どう答えたのか。
入試テストなんだから、返ってくるものじゃないのだけど(汗

でもまあ、ぶっつづけで、1時間と20分。
よくがんばったなぁ、と素直にほめてあげたいと思う。

これで、あの壁の一件も、ふっきれた、かな。
本当に、学園に、中学校に、先生に、そして何よりも大切な親友S君に
感謝しています。

もちろん、色々と応援・心配してくださった、
皆さんにも支えていただきました。

本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
記事をずっと読ませてもらって、友達の存在がすごく大切なのだと実感しました。
うちの子にもよい友達ができてほしいものです。
2006/02/05(日) 21:25 | URL | 政道 #NUpTSsbk[ 編集]
アクシデントに負けない
予定変更の嵐でしたね。^^:
どれだけ予定と違うことが大変かはわかっています。Hidekiさんが落ち着いていらっしゃるので,ただただすごいなって思います。そして,頑張ったマリオ君に拍手です。
2006/02/05(日) 22:19 | URL | 奈々氏 #tcVwxDRk[ 編集]
お疲れ様でした
マリオ君、よくがんばった!!
一時間と20分って、知らない人は簡単に考えるかもしれませんが、それだけの時間がどれほど大変か。
それをがんばったマリオ君。
考えただけで涙が出そうです。

成長されましたね。
立派な高校生になることでしょう。
2006/02/05(日) 22:41 | URL | まき菱 #7ASE7tC.[ 編集]
お~!
マリオ君すごいi-183
充実した『力だめし』となったようで・・・。

同じ頃私は?ない力を試される恐怖に・・・i-182
でも?かりんさんが『応援してます』っていってくれて・・・i-241
頑張りました。ありがとうございました。(まだ終わってないけど)

何なんだ?このコメントは?
子ども同然ですいません。。。(でも本気)幼いんです。。。

マリオ君。おめでとーv-300
ご両親。もうすぐ義務教育が終わるんですね。残された日々、心置きなく感慨にふけってください。お疲れ様でした。
2006/02/05(日) 22:56 | URL | NANA #yJmgU7PM[ 編集]
お疲れ様でした!
マリオくん、頑張りましたね!
Hidekiさん、かりんさん、お疲れ様でした。
これで、壁の件もふっきれて、マリオくんが4月から気持ち新たに、楽しく学園に通えるといいなと思っています。
こういうお話を聞くと、イルカの遠い将来について想像してしまいます。
いつか、イルカもこんな風になるのかなぁ…

マリオくんの高校生活の様子も楽しみにしています。
2006/02/06(月) 11:52 | URL | にしこ #-[ 編集]
本当によく頑張ったね
面接会場に直行したとは、マリオ君の真剣さが伝わってきます。よく頑張ったね。そして、Hidekiさんとかりんさんも、予想外の雪は降るし、初めての選考会で、気持ちが落ち着かなかったですよね。本当にお疲れ様でした。
そのうちに、思いがけない雪も、素敵な想い出の一こまになるのでしょうね。
2006/02/06(月) 12:59 | URL | アロマぽっと #-[ 編集]
いろいろ、あっての結果が良くて
きっと嬉しさも倍かんじられることでしょう。
 マリオ君もきっと心の中で頑張ろうとおもっていたのではないでしょうか?自分の心を表すのが不得意なため違うほうにでたりするのかな・・・
 ひとまず、落ち着いてよかったです。おめでとうございます。
2006/02/06(月) 20:49 | URL | ゆきっぺのはは #-[ 編集]
ともだちの存在
友達の存在がすごく大切なのだと実感しました。

うん、私もそう思います。
とくに中学生になってからそんな感じが強くなってきました。

まず学校の先生の存在が大きくなって
次にクラスの友達が大きくなって、

なんというか、親の存在スペースが段々と無くなってきたというか、ね(^^;;

うちの子にもよい友達ができてほしいものです。

絶対にできますよ!

最初は、すごいぶつかりあったらしいのだけど、それを越えたら大親友になったようです。

だから、そんな出会いを大事にしていきましょう
2006/02/06(月) 21:41 | URL | Hideki > 政道さん #JalddpaA[ 編集]
強い目的
予定変更の嵐でしたね。^^:

そうなんです

だけど、今回はマリオが強い目的をもっていたから、何も問題ありませんでした。

まあ、カリンに似て、マリオっていい加減で都合の良いところが強くありますからね(^o^;;
2006/02/06(月) 21:48 | URL | Hideki > 奈々氏さん #JalddpaA[ 編集]
それが一番、うれしかったです
一時間と20分って、知らない人は簡単に考えるかもしれませんが、それだけの時間がどれほど大変か。

そこが本当にすごかったと思う。

正直、厳しいと思ってた。
ムリだと思ってました。

うれしかったです
2006/02/06(月) 21:52 | URL | Hideki > まき菱さん #JalddpaA[ 編集]
NANAさんも試験をがんばって
今度はNANAさんの番ですな(^_-)

でも、いつも挑戦する姿勢はすごいと思います。私も見習わなくては!

もうすぐ義務教育が終わるんですね。

そうなんですよね。
長かったけど、なんかあっという間でした。
2006/02/06(月) 21:55 | URL | Hideki > NANAさん #JalddpaA[ 編集]
これからのわくわくを楽しみましょう
イルカくん、小学1年生でしたっけ

丁度、私がUターンで帰ってきた頃が、マリオが幼稚園の年長。そこからの小学校生活は、ホントいろんな事がありました。
(過去の記事参照…ってまだ小4までしかいってないか!)

でも、いろんな先生と巡り合って、クラスの子との交流もあってと、それまでの幼稚園の頃とくらべても、格段の出会いがありました。

マリオも、そこから大きく変わり、少しづつだけど、大きく成長しました。

これから、何かと大変かもしれませんが、大変さをわくわくに変換して、楽しんでいきましょう!
2006/02/06(月) 22:02 | URL | Hideki > にしこさん #JalddpaA[ 編集]
気合いはいってましたね~
面接会場に直行したとは、マリオ君の真剣さが伝わってきます。よく頑張ったね。

ええ、気合い入ってました。

まあ、控え室に戻らなかったのは、「面接会場に行く」という目的しかみえてなかったのかもしれませんが(汗

そのうちに、思いがけない雪も、素敵な想い出の一こまになるのでしょうね。

正直いって、1年くらい学園にいかずに留年することも、頭の片隅においてました。

よく乗り越えてくれたな、と思います。
それをさりげなく後押ししてくれた、親友と先生方には、ホントに感謝してます。
2006/02/06(月) 22:07 | URL | Hideki > アロマぽっとさん #JalddpaA[ 編集]
今度は応援する番だ
いろいろ、あっての結果が良くて
きっと嬉しさも倍かんじられることでしょう。


終わりよければ、じゃないですが、乗り越えてくれてホントに嬉しいです。しかも、予想以上のがんばりを見せてくれた。
 …こっちの方が教えられた感じです

マリオ君もきっと心の中で頑張ろうとおもっていたのではないでしょうか?

学校で、応援をうけて、頑張ろうと思ってきたみたいです。

学校で、みんなに報告しろよ
「こんどは、お前の番だ」とS君を応援してあげな
といったら、一言「うん」といってました。

ひとまず、落ち着いてよかったです。おめでとうございます。

ありがとうございます。
どうもいろいろとご心配をおかけしました。
2006/02/06(月) 22:13 | URL | Hideki > ゆきっぺははさん #JalddpaA[ 編集]
うれしいです
お久しぶりです。モカです。


おくればせながら。。。

なんだか私までとってもうれしくなりました。
マリオくん、本当によくがんばりましたね。かっこいい!すごすぎる!
大変な壁を乗り越えましたね。

ノジも将来、いろんな壁にぶつかるんだろうなあ、、、とぼんやり想像してみたりします。
ノジも、マリオくんみたいに、その壁を乗り越えていける人になってほしいです。

そのために、まずはHidekiさんやかりんさんを見習って、どんなときにも、落ち着いて行動できる冷静さをもったモカになりたいです。モカにとって尊敬しあこがれるお二人です。

本当にお疲れ様でした。

これからの残りの中学生活を思う存分楽しんでくださいね^^
2006/02/08(水) 02:29 | URL | モカ #-[ 編集]
みんな 頑張りましたね!
本当に我が子のように嬉しく思っています。
残りの学校生活を思う存分楽しんでください!

31サーバ 調子悪く コメント遅くなりました~
2006/02/08(水) 09:23 | URL | peco #6iLT5hs.[ 編集]
正直いえば、不安いっぱいでしたよ
どうもありがとうございます!

大変な壁を乗り越えましたね。

ホントにそう思います。
正直いえば、覚悟はしてました。
別に、ダメなら留年しても、いいじゃん

そう思えば、焦りも消えます。

ノジも、マリオくんみたいに、その壁を乗り越えていける人になってほしいです。

だいじょうぶ!
なれますよ!

そのために、まずはHidekiさんやかりんさんを見習って、どんなときにも、落ち着いて行動できる冷静さをもったモカになりたいです。モカにとって尊敬しあこがれるお二人です。

いや、それは持ち上げすぎですって!

以前も書きましたが、基本的なスタンスを決めたあとは

【本】
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-5.html

【羅針盤と止まり木】
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-9.html

いつも忘れがちになると、
お互いに、「そうだよね、うちはこうだもんね」って
確認しあって、修正してきただけで、
心の奥底では、不安と焦りでいっぱいになる自分と
常に一緒だったんですよ

そして、このブログに、書いてみることで、
自分に言い聞かせている面も多分にありました。

これからの残りの中学生活を思う存分楽しんでくださいね^^

はい、ありがとうございます。
2006/02/08(水) 22:57 | URL | Hideki > モカさん #JalddpaA[ 編集]
どうもありがとうございます
本当に我が子のように嬉しく思っています。

ありがとうございます。

応援してくれてる皆さんがいることは
本当に励みになりました。

残りの学校生活を思う存分楽しんでください!

はい!…って、楽しむのはマリオなわけなんで(汗
やつは、いつもと全然変わってませんな(大汗

まあ、親友のS君とお別れになるわけなんで、
彼なりの気持ちの整理をつけてるとは思いますが、
やっぱり寂しい思いはすると思う。

以前、カリンが記事にしましたが
中1年生のときに世話になった担任の先生に、
手紙を書いてました。
彼なりに、寂しい思いがあったようです。
2006/02/08(水) 23:02 | URL | Hideki > pecoさん #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/106-08e10e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。