我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイージが小学6年生のころに、
マリオのこと、自閉症のことを、打ち明け、いろいろと話をしたことを
以前に記事にしました

カミングアウト
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-16.html

この子より、1日だけ、長く生きること
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-167.html

この土曜日に、ルイージの授業参観&懇談会があったのですが、
私は終日仕事だったこともあり、
先日父母の学級長に選出!?されたカリンだけが学校へ行ってきました。

そこで担任の先生から、こんなお話を聞いたそうです。

なんでも、先日道徳の時間に障害のある方とのかかわりについての話しがあり、
クラスの皆にレポートを出してもらったそうなんですが、
そのときのルイージのレポートにマリオのことが書いてあったそうなんです。

・自分の兄も実は自閉症という障害をもっていること
・一緒にコンビニにいるときなどに、突然マリオが大きな声をあげると、
まわりの人たちが一斉に自分達をみるような視線を感じているということ
・小学校の頃に親からその話を聞いてびっくりしたが、その時から意識していること

くわしくは見せてもらえなかったのですが、
障害のある兄をもつ弟の気持ちが書かれているとのことだった。

家に帰ってから、カリンがルイージに聞いてみたところ
我が家に来る友達にみんなにマリオのことは話しているということでした。

実は、最近ブームのモンスターハンター(通称モンハン)に皆ハマっていて
クラスのモンハン仲間が良く我が家に遊びにきていたのでした
多いときは、10人近くの友達がわんさかときて、ガヤガヤやっていました。

マリオは彼らが来た時などに「いらっしゃーい」とか声をかけるわけだけど
やはり普通の高校生くらいのお兄ちゃんとは声かけが違う。
あれ?っと思われるのが普通だ。

ただ、それでも何事もなく、普通にかれらはやってきて、
ルイージとわいわい遊んで帰っていっていた

あのさ、おらのお兄ちゃん自閉症なんだ、
そんなような説明を彼らにしていたそうな

ルイージの通う学校にも特殊クラス(と今は言わないのかな)があり
自閉症のお子さんが今いるようなので、
それで彼らもどこまで正確に理解しているかは分からないが、
それでも彼らなりの理解をして我が家に来ている。

わたしは、まずはルイージが変に友達に隠したり、臆したり
そんな気持ちにならずに、きちんと話をしていることが嬉しかった。
あのとき、カミングアウトをして、どこまで理解してもらえたか分からなかったが
でも、話しをして良かった

このレポートをクラスの皆の前で発表したいけど、どう?
担任の先生としては、障害をもつ方の理解を深めるためだろう、
ルイージに公表することの是非をきいてきた

「う~ん、それはちょっと」

さすがにクラス全体に公開するのはためらったようだ

でも、そこまでしなくてもいい
いらずらに背負い込むことは、必要ないと思う

自然体で生きていけるように
自分の友達に、自分の言葉で、自然に話をできた、

それがうれしかった。

そして、ことさらマリオを避けるでも疎むでもなく、
普通に兄弟として、家族として接している、

それがうれしかった。

今日は、なんだか、良い日でした (^o^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
《自然体で生きていけるように、自分の友達に、自分の言葉で、自然に話をできた、それがうれしかった。》
 自然体。それが一番なのだと思います。無理なく、さらっと。
 親としては、それが一番、ホッとするのかもしれません。
 わたしの最終勤務校で、こういうことがありました。
 お姉さんが卒業していくのです。妹は4年生。障がい児でした。
 4・5年生が在校生として、式に出ますので、妹も当然卒業式の練習に参加していました。
 妹は、張り切っていて、いつも、歌声がとび出していました。 はり上げるような声で、しかし、音程ははずして、でも、実に気持ちよさそうだったのです。
 それが、姉にとってはいやでいやでたまりませんでした。特にまわりが何か言うということはなかったのですが、先走って気にしてしまったようです。
 姉の担任が言ったようです。
「妹さんは、お姉さんの卒業をお祝いしたい気持ちでいっぱいなのよ。」
 と同時に、その妹さんの思いを、お姉さんのクラスのみんなが、ほほえましくうれしい思いで受け止めてくれるように、それこそ、自然体で、妹さんの気持ちを伝えました。
式当日は、とても温かな交歓が見られ、わたしもうれしかったのです。
 どんな家庭もそうですが、親の思いがそのまま子どもに伝わります。 わたしは思いました。お父さん、お母さんの思いが、自然体なのだろうと。
2007/07/10(火) 20:43 | URL | toshi #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/194-18bd3704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。