我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一連の歯医者に関する、こぼれ話を。。。

基本的に、私たちの方針は「ムリをしない」、ということは散々お話したのでもうお分かりかと思いますが、
虫歯に限らず、病院そのものに関して嫌がるマリオだから、ムリに連れて行かないという事でやってきました。
運良いことに、マリオはとても丈夫で、病気らしい病気もなく、多少熱が出ても自然治癒してました。
だから、虫歯に関しても、認識はしてましたが、あえて連れて行かなかったんです。

ただ、そうこうしてるうちに永久歯までも虫歯になってしまったんです。
さすがにまずいということで、あれこれ病院を急遽探し、障害者歯科という存在にたどり着きました。

そこで、「全身麻酔」で一気に治療しちゃうというアイデアを、何の気なしに最善策と思ってました
 …ネットで無理やりやるのはイヤだったし、かといって普通のように治療はできないと思ってたから

そんな感じで障害児歯科に通い始めたわけですが、私たちの方針を訴えかけたところ、
先生方は理解はしてくれましたが、決して手放しでは賛同してくれませんでした。
というのは、これは当時は簡単に全身麻酔でやれば良いな、と考えていたのですが、
この「麻酔」ということは、言うほど簡単な事ではなかったからなんです。

医師免許に関して、「麻酔」ということだけは別の資格がいる、という位に
麻酔は危険が伴うことであり、とくに全身麻酔はリスクが大きい。

一歩間違えば死にいたる。。。これは大げさな話ではありません。

だから、医師としては、本当に必要な場合でない限りそんなリスクは犯せない。
不用意にやることは避けたい行為だったんです。
普通の虫歯治療では、多少ネットに縛りつけて強引にやったとしても、死に至ることはない
その障害児歯科の先生方も、難色を示してきました。
 …これは当然ですよね。

それに対して私たちは全身麻酔による治療を強く願い、先生方も折れてくれた訳ですが、
結果として何ら事故もなく済み、万事良かったものの、
本当にそのリスクを犯すべきだったかどうか?はやはり一考する余地があったと思います。

正直いって、怖かったです。麻酔からもどってこなかったら、どうしよう。。。って

今回の話は、ネットに縛って強引にやるほうが良いのか、
死のリスクを多少なりとも高めて全身麻酔でやるのが良いのか、
という選択肢で、私たちのとったやり方が本当に良かったとは実は言い切れません
だから、そのあたりは、是非みなさんなりに考えて、結論を出してもらえればと思うのです。

むしろ、
そんな選択肢に迫られないようにする、ということが一番重要ですよね
冒頭で話したように、ムリをしないということも結構だが、
一方で余りに問題を先送りにしないということも考えるべきだったんです。
虫歯は、ほうっておけば自然治癒する、というものでは無いんです。

今回の話は、そういう大事なことをおろそかにしてきた、ということへの
反省をこめて書いたという面もあるんです。

その点で、私たちのやり方は間違っていたんです。
もちろんムリしないということは大切だと思うけど、きちんと処置すべきことはやるべきなんです。
できるならば、私たちが直面した事態には、ならない方が絶対に良い。

まあ、マリオは幸いにして私たちの元に戻ってきてくれました。

蛇足ながら、このマリオが入院している丁度そのときに、
妹が第二子を出産したわけですが、かなりの難産でして、
マジな話、死に掛けていました。
夫婦そろってマリオにかかりっきりになってたため、そんなこととは思いもよりませんでした
マリオが手術室から無事にでてきて、一段落したあとで実家にいる私の親に電話したところ
母親がかなり混乱してて、大変なことになってました。
急遽、私だけ妹の病院へ直行したところ、もう事なきをえたあとだったんですが、
その日は、われわれ一族にとって、とても長い一日だったわけなんです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/25-88161cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。