我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道旅行にまつわる話で

今回の旅行は、こんな感じの行程でした

20051006011318.jpg


それまでにいった旅行は、必ずだれか他の人(私らの親とか)がいて、
長くても2泊。しかも同じホテルに、という感じが精々でした。
ホテルそのものはマリオは嫌いではありません。むしろ好きなほう。
でもそれが妙はこだわりを生んだことが多かったんです

つづきは、↓ポチっとしてからで
3~4歳くらいの時に焼津に泊まったのですが、気に入りすぎちゃって帰る事ができなくなりました。帰りたくないと大暴れ。そのときは、
泣き叫ぶマリオをムリやり小脇にかかえて車に投げ込み、一目散に
走り出すという感じでした。マリオは、車の後ろに徐々に遠ざかって
小さくなっていくホテルに手をのばして、絶叫するばかり。。。
私らも、心を引き裂かれる思いをしてました。
もうそんな思いはこりごりでした。

まして、長い間家をあけることなんてなかったから、どうなるか分からない

一方で、横浜に引越したときに、不動産屋さんの車で物件を見て回った
わけなんですが、いつもと違う自動車に乗ることにかなり戸惑いをみせ
ていました。

うちの、いつも乗りなれた自動車の空間にいることは、大きな安らぎになる。

普段、土日に日帰りでよく遠出をしてましたので、それと同じような
感覚でいさせれば、少しはおちつくだろう。

で、一番の有力候補が電車でした。だけど、当時の私の自動車では
サイズがギリギリオーバー(確か、2センチくらい)

はて、こまった。。。

というときに思いついたのは、私自身、独身のときにカーフェリーで
北海道旅行をしたということ。
当時は、住んでいた名古屋発の苫小牧行き。
10時間以上も船にのり、しかもベッドは寝台車のような2段ベッド
しかも当時、運悪く台風にぶちあたり、ゆれまくり酔いまくりの散々な目にあった。
思いついたはいいが、絶対ムリ。。。

ところが、よく調べてみると仙台から出てる船があるという。
しかも、スィートにすれば、写真でみる限り、かなり快適そう。
これならあるいは…!?

でも、ひょっとしたら、船の乗り口で「イヤ」といって引き返すかも
しれない。。。

どうしよう。。。
結局、いつものように1~2泊の小旅行にならざるをえないのか

ただ、この特別休暇のときは、会社の勤続10年ということもあり
まわりの人たちはなんだかんだと記念旅行にいってる。
たまには、ちょっとムリしてみてもバチはあたらんだろ

もし、マリオがどうしてもイヤがったら、
キャンセル料がバカにならないけど、引き返そう。
うまく行けたらラッキーくらいに思っておこう。

最初から、そう覚悟を決めておけば、いいだけの話。
夫婦で、そう話をして決心しました。

で、問題の瞬間。ここでの予想外のできごとは、運転手とそれ以外は
乗船の仕方が違う、ということだった。
私は、カリンやマリオ・ルィージと一緒に乗船できない。。。
(だいじょうぶだろうか…?)
カリンが、マリオとルィージの手をひいて、車から降りてターミナルへ
もう、祈るような気持ちでみてました。
カリンは軽い手荷物だけにして、全て私が車からもってく事にしました。
車を積み込む直前、2階から船にむかってかけられた連絡通路に
カリンの姿をみつける。
よくみるとマリオと一緒にこっちをみて手を振っていました。
(なんとかいけるか!?)

急いで車を船に乗り入れ駐車スペースに置き、荷物を抱えて船室に向かいました。
 …確かに駐車スペースは車がギチギチで暗く、子供がふらふら歩くと危ない感じではありました。
もしかして入り口で座り込んでたらどうしよう、船室に入らずにウロウロしてたら!?
とにかく、手助けに一刻もはやくいかなくては!
そう思って一目散に階段を駆け上がり、部屋のドアをあけたところ。。。

カリンがニコニコして出迎えてくれました。
ふとみると、マリオとルィージはベッドの上をぴょんぴょんはねてる

「どうだった?」ときくと
「うん、もうスムーズに部屋にきてくれた♪」

その言葉をきいて、もう一気に気が抜けました。
もう、あとは何もできなくてもいいや。もう十分かも。

落ち着いてみると、私が独身の時に乗った部屋とは、も~う雲泥の違い。

「みてみてTVがあっちにもこっちもあるの。マリオたちもオー!と大騒ぎだった」
「部屋の中に冷蔵庫もあるし、みんなそこら中を探索しまくり♪」
今から思えば、今回の北海道旅行で泊まった中で一番ゴージャスだったかもしれない。
TVでは、ちょうど日本がブラジルを破った歴史的瞬間をライブでやってました。

その夜、子供たちはすぐつかれて寝てしまい、ひさしぶりに落ち着いた時間をすごせました
窓の外は、夜の海。ところどころ、光の点はみえますが、静寂そのもの
スィートにして、ホンっと~に良かった。と実感しました。

翌朝、北海道に上陸したとき、目の前に広大な大地。。。が開けるか!と思ったけど
実際は、薄茶けただだっぴろい広場におろされ、ちょっと肩透かしな感がありました。

おもむろに地図を片手に一路、国道を南へ。
すると、徐々に広大な山がみえ、そこに牧場がみえはじめ、
ようやく北海道にきたなぁという実感がわき始めました

ちょっとした港町、ガードレールにとまった海鳥。うん、横浜ではみかけない
うん、風もきもちいいぞ。夏なのにすずしいくらい。
(その後それが、寒いに変わるとは夢にも思わなかった)

ちょっと牧場で馬をみようということで、適当に車を止めて記念撮影

ただ、実はそれは親-大人の視点での楽しさでしかなかった訳なんです
子供たちは、そんなに楽しんでいる風ではなかった。
「ほら!馬がいっぱいいるよ~」といっても、しらんかお。

で、急遽路線変更。途中にみかけた、ちょっとした名も無き公園(というには大きかったが)
に自動車をとめて、4人でお散歩。
大きなすべり台があって、マリオとルィージはおおはしゃぎでした。

帰り際、カリンと顔をみあわせて、
「北海道まで旅行にきて、こんなところに来る人って、あまり無いんだろなぁ(苦笑い)」
「そうね。まぁ、いいんじゃない。北海道に来れただけでも有難いんだから」

結局、その後、観光という大人の楽しみは依然としておりこみつつも、
ボーっと無駄に時間をすごすことが多い旅を続けました。

そうそう、お昼はマリオが食べられるところ、というんで
マクドナルドかラーメン屋というのが基本路線でした。
(これは、その後から今に続く、旅行の際の基本原則となりました)

でも、さすが北海道。ラーメンは美味しかったですw

それと、とても残念だったことに、最初の苫小牧⇒襟裳のときはなんとか薄日がさしたものの
それ以降は、ずっと雨だったんです。
襟裳岬はみてみようと思ってたんですが、朝どしゃぶりだったんで諦めました。
だから、当初描いていたチェックポイントをすっとばしちゃって時間が余ることが多かったです。

<参考までに、当時行きたいと思ってたチェックポイント>
・襟裳岬、それと漁師鍋
・池田町のワイン
・美瑛パッチワークの丘
・富良野のラベンダー畑
・北竜のひまわり畑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実は私・・・
ちょっと過去の記事ですので遠慮しようか?とも思ったのですが、かりんさんの方へは我慢できたのに・・・。ちょっとごめんなさいまし・・・
実はわたくし生まれも育ちも北海道なのです。今は故郷から遠く離れたところで暮らしていますが。(わが子と違う方言を持つ事に・・・)

襟裳は実は・・・。名実ともに『昆布の里』かと・・・?(夏ならウニや貝類はおいしいのがあたるかも?)でもそのほかは・・・?
襟裳の人ごめんなさい!!
でも、あの町の昆布にかける情熱には脱帽ですよ。町全体で(役場の職員ははもちろんなんと教育委員会までもが)、大人子ども問わず全員で昆布を大切にする町です。

次回、海の幸の堪能に挑戦されるのなら、小さくても『漁港』のあるところがお勧めです。日本海側の方が海岸線が入り組んでいて無難なのですが、それと富良野美瑛方面の両方はちときついかも・・・?距離的な物以外にも、宿泊施設もコテージはやはり山の方が多いですし・・・。両方を期間内に堪能するのはやはり苦しいかも?ですね。。。

なので、同じ山でもこの頃注目を浴びている?らしい?『知床』なら、壮大さ(富良野とはまたぜんぜん違いますが)も美味しさも移動距離が短く味わえるかと思いますよ。宿泊は・・かつて私がギャルの頃には、小規模のユースホステルなどが家族経営で結構機転が利く造りになっていた物ですが、今はどうなっているのか?判りません。
ホテルや民宿などを避けるとしたら、私だったら一般の民家(牧場・農場経営などをしていて、短期の実習生や学生アルバイトを受けているところや猟師町でお子さんを越境留学させているなどのところ)を探したりもするかもしれません。
あの辺の人達(特に道東)はのんびりとした性格で、多少の事には驚きませんし、親切です。だいたい生活時間帯が大きく違うし、忙しくて細かい事は言ってられないのだろうと思います。
結構貴重な経験もできたりしますよ!
私もいつかはこれをやってみたいと思っているしだいです。

ぜひまた挑戦されてくださいな。
2005/11/22(火) 16:55 | URL | 若奥様 #-[ 編集]
若奥様へ
コメントありがとうございます。
古い記事だろうが、何だろうがコメントはうれしいです。
どんなに前の話でもかまわないから、どんどんとつっこみを
いれてくださいね♪

若奥様、北海道の方だったのね。
北海道…いいですよね。確かに寒さが厳しく、その点の生活
は大変だと思いますが、食べ物は美味しいし、自然に溢れてるし
フロンティア独特のおおらかさと強さはあるし、
大好きですよ。北海道。

> 小さくても『漁港』のあるところがお勧めです
なるほど。確かにそうですよね。
ちょっと考えてみれば当たり前の話。
ちょっと「襟裳」という大自然イメージと旅行ガイドブックに
踊らされすぎてたように思っています。
知床…いいですよね。釧路湿原もみてみたい。
(学生時代にそこを友人とまわろうと計画もしてました)
実は道東のほうが行ってみたかったのです。
ただ、ちょっと距離があってむりだった。
でも、いつかは行って見たいところです。
その時はぜひ、お勧めをおしえてください

これは、カリンがいつもいってるのですが、
自然の中でのんびりすごさせてあげたい、
マリオに限らず、子どもにはそうさせてあげたいと思うのです。
もちろん不便がつきまとうから、便利さに慣れきった私達が
どこまで我慢できるか分かりません。すぐ根を上げちゃうと思う。

でも、「のんびり」させてあげたいなぁ。ホントそう思います。
そして僕らも「のんびり」したいなぁ

まあ、カリンはこれ以上のんびりしたらまずいだろ!?
っとつっこみをいれたくなりますがね(汗
2005/11/22(火) 23:32 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/31-521eecec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
襟裳岬襟裳岬(えりもみさき)は、北海道幌泉郡えりも町えりも岬に属し、太平洋に面する岬。北緯41度55分28秒、東経143度14分57秒。北海道の形を大きく表徴する自然地形の一つである。日高山脈の最南端で、太平洋に突き当たって長年の強風と荒波に削られ落ち込んだところが
2007/10/07(日) 13:01:59 | なまら倶楽部
「美瑛サーチ」では、あなたが入力したキーワード「自閉症」にキーワード「美瑛」と「びえい」または「biei」を掛け合わせて、インターネット上を検索しています。 「自閉症」:最新情報 「自閉症」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロー...
2009/03/13(金) 08:30:55 | 富良野・美瑛サーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。