我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は小学校選びを書きたいと思います。
私たちはたまたま学校区内の小学校に、情緒学級がなかった為
学校を選べることにっ!
選べるとなると、やはりマリオにとって良いところを探そうと頑張りました。

当時は土曜日も午前中は授業があったので、土曜日を中心に
教育委員会から教えて頂いた学校に、アポ取って見学してきました。

そして、家から歩って行ける一番近い「KY小学校」、ちょっと遠い「M小学校」「K小学校」「G大学付属小」、
かな~り遠い「A小学校」の計5校を見学して回りました。


まずは、KY小学校。
ここには6年生の自閉症の男の子がひとりいました。
担任の男の先生は若く、1年生の時からその男の子を見ていました。
とても一生懸命で良い先生だったのですが、もうすでに6年もその学校にいるので、
そろそろ異動だな・・・というのはわかりました
先生は、だいたい長くても7年で異動ですから・・・
ま、異動してしまう先生は仕方が無いとしても、気になったのは校長・・・
とにかくやたらマリオをこの学校に入れたがる!

何か質問をしても、ちょろっと答えて二言目には
「で、うちに入学してくれるんでしょうか?」

私たちが今までマリオをどう育ててきて、これからもこうしたいとか大切な話をした後も・・・
適当に返事をしては・・・
「是非、うちに入学して下さい!」

もう、こればっかり!
何でもマリオが入ってくれないと、お教室が無くなってしまうかもしれないとかで必死だ。
(もう一人入るかもしれないという子がいたらしいが)

帰る時も、「是非、うちに!お願いします!」
それしか言わない校長・・・
ここなら近いし、たぶんマリオ一人で、歩って通えるし良かったのだが・・・
この校長だと、先が思いやられる・・・
「KY小学校」はやめました。


そして、M小学校。
ここは正面玄関に行くと、スリッパが既に並べてあり、
案内の黒板に「マリオくん、ようこそ!」みたいなことが書いてあった。
すごい歓迎ぶりだ!
ここの校長先生はとても良いかたで、私たちの話も良く聞いてくれました。

このころマリオは、やっと私と良い関係が出来始めたばかりで、私と離れるのは無理だったので、
幼稚園のころのように、マリオと一緒に学校へ通おうと思っていました。
マリオが「ママ、もう一緒に来なくていいよ。僕一人で大丈夫だよ。」というまで・・・
(そんな日が来るだろうか心配でしたが^^;)

そのことを言うと、快くおkしてくれました。
そして校長先生の話から、学校全体がこの学級を大切にしているのが分かりました。
この校長先生がいる学校なら、いいな~と思いました。(ま、校長先生は3年で異動してしまうのですが・・・)

しかし、その学校の情緒学級を覗いてびっくり!
自閉症の子だかどうかは忘れたのですが、3年生と4年生の二人の男の子がいました。
ひとりの子は、手の甲で下からガンガン顎を叩き(すごい力で)、物凄い骨の音?が響き渡っていました。
私は初めて自傷行為を目の当たりにし、動揺しました。

また、もうひとりの子は床で寝そべり、泣いて叫んでの大パニック状態でした。
先生はベテランの男の先生で、たぶんこういう子たちの扱いは上手みたいでしたが、
その先生ですら手こずっていました。

「今日はちょっと朝から調子が悪いのです。たからここまで酷くは無いです。
それから、この子たちのうちの一人は、来年度養護学校に移ります。」
と担任の先生は言っていました。
マリオはもうビックリしていて、固まっていました。
校長先生は良い方だけど、ここは無理だな・・・。


そして、K小学校。
なんでもカリキュラムをしっかり組んでいて、その通りにやってます。と
先生がいやに自信マンマンだった。(気に食わねぇ~)
そのカリキュラムをみても、内容は覚えてないのですが、
たしか私たちの納得のいくものではありませんでした。
細かくいろいろなことが詰め込まれてる感じだったかな?

遊んでる時間も、先生の指導の元で遊ばされてる感じでした。
子供が嫌がってても、メニュー通りにやらせるような感じもありましたし・・・
先生も、私たちのマリオの育て方や、これからもこういう風にしたいと言うと、あまり良く理解してくれなかった。
というか考え方が全く違っているような感じ。
ここはダメだ!本当に、学校によって先生によって、全然違うな・・・


そして、G大学付属小。
ここの先生は小柄な女の先生で、私たちの話も解ってくださり良い先生でした。
でも、問題はありました。
当時私たちは、マリオは高学年になる頃には、かなり良くなって普通学級にいけると思っていました。
それには、普通学級との交流があり、少しずつ慣らしてほしいという気持ちがあったので、どこの学校に行っても毎回、「普通学級との交流がありますか?」と聞いていました。
しかし、この学校は普通学級との交流は全く無いとのこと。
それと結構、マリオよりも重度の子が多かった。
先生も、この子はもっと伸びるわよ。ここじゃないほうが良いのでは・・・と言ってました。
それといろいろな障害のある子が7~8人でひとクラスなので、ちょっと難しいかな?
先生たちはとても良かったのだけど・・・
この学校もやめました。


最後に一番遠い、A小学校にいきました。
正面玄関に行くと、「マリオくん、お父様お母様、いらっしゃいませ。」と言う案内が!
おぉっ!いい感じ。(後でわかったのだが、これは担任のK先生が書いてくれたそうだ)
町からちょっと離れてるせいか校庭も広く、なかよし山といって大きなコンクリートの山があり、
山には大きな滑り台、トンネル、登り棒といろいろあった。
そして、お教室には沢山の遊具と、大きなボールプールが!
当時マリオはボールプールが大好きだったので、すぐに飛び込んで遊んだ。

教室には、2年生と3年生の男の子が二人いた。
二人はニコニコ笑顔で私たちに近づいて来て、写真を見せてくれた。
たくさんの写真には、その子たちの楽しそうな笑顔ばかり。
もちろん撮ってるのは、担任のK先生だ。
その子たちの笑顔をみて、先生と生徒がとても良い関係なのが分かった。

K先生は一見、取っつきにくそうで、大人の私たちには無愛想。
でも、子供たちには本当に優しい笑顔で接している。
そして、K先生は

「私はいつもこの子たちに、遊んでもらってるんです。」

という。凄く印象に残った一言でした。
普通だったら「遊んであげてる。」よくても「一緒に遊ぶ。」というもんだが、
「遊んでもらってる。」という人に初めてあった。

私たちは毎度の事ながら、今までの育てかたやこれからこうしたいと話をすると、
そんなの当たり前でしょというような顔してた。^^;
そして、私も一緒に通いたいというと
「あ、別にいいですよ。」とあっさりしたお答え。
そして何気に、「この学校に来てどれくらいですか?」と聞くと2~3年だという。

おぉぉーーーっ!まだまだ異動はなさそうだ!
このK先生だったらマリオを任せられる。
やはり初めての小学校での最初の1,2年は大事だ!
その大事なころをこの先生に見てもらって、土台が出来れば、マリオはきっと大きく変わるだろう!

そして普通学級の交流も、今いる子たちも音楽とか、図工とかできるのは、行かせてもらってるらしい。
それも、先生が少しづつ無理なく、馴染ませたらしい。
素晴らしい先生!!!
私たちが「嫌がることは無理させずに・・・」なんて言わなくても、無理させずに、
でも、その子の能力もちゃんと理解してくれて、出来ることは少しづつ力を付けさせてくれる!

うお~~~っ!!頑張っていろいろ見学した甲斐があった~~~!!

先生も気に入り、教室も気に入り、なかよし山も気に入りすべておk~!
ま、場所が遠かったので、私が車で送り迎えになるがその位へっちゃらさ!
心配していた入学式も先生が
「私が着いててあげるから、大丈夫。
体育館に入れなかったら、私が外で見てますから。」

と言ってくださり、何も不安が無くなりました。
入学式まで、遊びにこれたらいつでも来ていいですよ。とのお言葉も。
K先生サイコー!A小学校に決めた~♪

そして私たちは、教育委員会に連絡して、A小学校の入学許可をもらいました。

でも、私たちは校区内に情緒学級が無かったので、こうして色々見て決められたが、
普通はここって言われたら、選ぶことも出来ないんだよね・・・
ラッキーだったと思います。

しかしこの後、中学校を決める時も、今度は校区内に特殊学級があるのも係わらず
、私たちは勝手に学校選びをし、強引に理由を並べ良い先生のいる学校にしてしまいました。
この時、私は一人で教育委員会に出向き、理由を言って先生を説得しました。
あ、良い先生がいるからって理由じゃ無いですよ^^;
ちゃんとマリオのことを考えてのもっともらしい理由?をちゃんと言いましたよ。
強くなったな~私♪ (*^▽^*)b

しか~し、A小学校に決まり、後は入学式を待つばかり~♪ だった私たちに
教育委員会から不吉な電話が・・・
それは2月の半ばを過ぎたころ・・・何でも、A小学校はダメになったので、他の学校に変更して下さいとのと・・

「なにぃぃ~~~~~~っ!?」一度入学許可が下りたのに、なんで今頃!?

私はA小学校にすぐ電話をして、校長を呼んでもらった。
校長は居ないとのことで、代わりに女の教頭先生が電話に出てくれた。
この間行った時も応対に出てくれて、私たちの話も親身に聞いてくれ、感じの良い先生だった。

「教頭先生~~。この間見学に行った○○です~!
入学おkだと聞いて、A小学校に入学するのを楽しみにしていたのに、今日突然教育委員会から、
A小学校はダメだから変えてほしいとか言われたのですが・・・。
そんな事ないですよね?
本当に先生も素晴らしく、マリオもA小学校のことがとても気に入り、
私たちも本当にA小学校に通わせてあげたいんです!
お願いします!マリオをなかよし山で遊ばせてあげてください。」
と泣きの電話を入れた。

教頭先生は
「大丈夫、大丈夫よ、お母さん。何とかするから」といってくれました。

また、主人は教育委員会へ
「今更何をいうんだ。一回入学許可が下りただろう。」と抗議の電話を入れた。

どうも、A小学校の校区の今度1年生になる子が、普通学級か特殊学級かまだはっきりしてなかったらしく、
その子が特殊にくると人数が定員オーバーで、もうひとつ教室を作らないといけなくなるとか・・・
だから校区外のマリオが何処かへ行ってくれれば、もし、その子が入っても定員オーバーにならず、
お役所としては楽だもんね・・・

とにかくうちらは譲らず、結局A小学校でおkになった。
A小学校の教頭先生も頑張ってくれたのかな?
良かった、良かった。

がっ!

その後入学して、あの素晴らしいK先生は教育委員会に異動になってしまったのが分かり、
代わりにどうしようもない先生が担任になり、散々な日々が来るなんて・・・

・・・誰が想像したでしょうか・・・!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ああ。
散々な日々ってどんなんですかっ?
。。。とすごい先の気になる終わり方です~(^^;

先生の異動は本人にとっても親にとっても、
すっごい重要なことですよねっ!
おんなじ学年でもクラスが違うだけで雰囲気が違っちゃうんだから、
毎年ある先生の異動と担任のチェンジは…o(;-_-;)oドキドキです。
2005/10/12(水) 15:34 | URL | さとこ #-[ 編集]
参考になりました
うちも数年後に小学校選びをすることになると思うので大変参考になりました。
ありがとうございます。
どうしようもない先生の話も気になります。
またよろしくお願いします。
2005/10/12(水) 23:43 | URL | 政道 #NUpTSsbk[ 編集]
選べるところもあるんですね。
はじめてカキコします。HidekiさんからURLを教えてもらいました。(^^♪
ADHDの長男を持つ父親です。

小学校を選べるっていうところもあるんですね!うちの地元の小学校には、養護学級がありました。
私が小学生の頃から・・・

だから、彼も私と同じ小学校に現在通っています。養護学級では、一番の年輩(6年生)だし、
下の子供達(身体的にも障害をお持ちのお子さん達)の面倒をよく見ているそうです。
通常学級では、しょぼーんとしていることが多いとか。>私の長男。

また寄せていただきますね。(^^♪
2005/10/13(木) 06:07 | URL | Prowler7010 #eK21YeM2[ 編集]
ご主人とはすこしやり取りがあったのですが、かりんさんとは初めまして!

この前からたびたび覗かせてもらってますが、マリオ君って障害を持っていても幸せな子だなとつくづく感じました、かりんさん夫婦の子に生まれたから。

学校選びでもこんなに頑張られたかりんさんに脱帽です。
2005/10/13(木) 12:00 | URL | 馬場エマ #-[ 編集]
コメントありがとデス!
★さとこさん、こんにちは~♪

はい、散々な日々・・・少しづつ書いていこうと思ってます^^
でも、結構忘れてる!(・□・)ガーン
当時一緒に先生と戦った?戦友のお母さんと、明日ランチにいくので、
いろいろ話をして思い出したいと思います^^;

>毎年ある先生の異動と担任のチェンジは…o(;-_-;)oドキドキです。

本当にそうですよね~。
クラスがそのままでも、担任が違うだけでガラッと雰囲気が変わりますしね・・・
とにかく子供にあった先生で、楽しく学校生活過ごさせたいですよね~。




★政道さん、こんにちは~!

うちが、学校を選ぶとこが出来たのは、本来行く学校に情緒学級が無かったからで、
自分のとこに情緒学級がある場合は、そこに行きなさいと言われると思います。
そうなると、市立の学校内で選ぶとこは難しいかも知れません。

でも、何かしら理由があれば大丈夫かも・・・
マリオが中学行く時は、大きな川を橋で越えての通学は危険だからとか、3つほど理由をくっつけたら、通りましたから^^
なんにしても、子供にとって良い学校に行かせてあげたいですよね!

>どうしようもない先生の話も気になります。

私が円形脱毛症になってしまったほどですから・・・す、すごいです!
頑張って思い出して書きますね。




★Prowler7010さん、はじめまして^^

地元に養護学級があると、そこに行くのが普通かもしれません。
私たちの場合無かったので、他の小学校に行かなくてはならなかったのですから・・・
まぁ、いろいろな学校が見れたし、また選ぶとこが出来て良かったですが。

息子さんは、今6年生なのですね。
下の子たちの面倒みてるなんて、さすが6年生!
通常学級では、しょぼーんなんですか・・・通常学級・・・疲れてしまうのかな?
我が家のマリオは、結局、通常学級に行くとこが無かったので、
特殊学級でのびのび小学校の6年間過ごしてしまいました^^;
入学前私たちは、普通学級との交流にあれほどこだわっていたのに・・・(汗

>また寄せていただきますね。(^^♪

ありがとうございます!私も寄らせていただきますね!よろしくお願いします。
2005/10/13(木) 12:09 | URL | かりん #-[ 編集]
コメントありがとデス!
★馬場エマさん、はじめまして~!

私も、エマさんとこの「アスペっ娘なんて・・・」いつも覗かせて頂いてます~!
なかなかコメントまで出来ないのですが・・・ヤベちゃんにハマッてます。
よく旦那に、今日のヤベちゃん読んだ?と話たり・・・
ヤベちゃん、くしゃみしてたかも!?^^;

学校選びも今思い出してみて、あ~頑張ってたんだな~と思います。
二人とも若かったからかな?(ボソッ・・・)
・・・うん、それ大きいかも^^;
頑張ってることばっか書いてるけど、本当はいい加減で適当~な毎日を送ってます。
私の性格がそうなので・・・
だから、そんなことないです~(汗

また、エマさんのとこ、遊びに行きますので、ヨロシクお願いします! |^▽^)ノシ
2005/10/13(木) 12:41 | URL | かりん #-[ 編集]
∥部屋∥。・)BATU♪
(w_-; ウゥ・・ 途中まで、いい学校に巡り合えたとBATUも喜んでいたのに‥残念
学校選びは大変だね・・・・・だけど頑張ってよ!※q(^‐^*)/※ファイトォオオ!!※\(*^‐^)p※

BATUは不眠症が原因か昨日から風邪をひいてしまい寝込んでます
目が腐るほど寝たので、おかげで不眠症は治ったかもw

病院行ったら風邪っぴきさんだらけ!( ̄_ ̄|||) どよ~ん 余計に具合悪くなりそう
今日はおとなしく寝てますね
2005/10/13(木) 18:46 | URL | BATU #RAa2TALo[ 編集]
ひぇぇ、どんな先生が来たんですか~???
続きが気になりますv-12

私の通っていた小学校にも養護学級がありました。
遠足や運動会も一緒に出来るお子さんは一緒に参加してましたね。
でも、その当時は私も友人も、そのお子さんのことや
親御さんの気持ちや苦労など知る由もなく過ごしていました。
今になってかりんさんのブログを読むたびに勉強になっています。
きっと私の行ってた小学校が合う人、合わない人、いろいろいらしたんですね。

それにしても、せっかくマリオ君にぴったりの学校が見つかったと思って
最後まで嬉しい気持ちで読んでいたのにぃぃ・・・e-263
2005/10/14(金) 01:49 | URL | るぅ #-[ 編集]
> Prowler7010さん

さっそくのお越し、ありがとです。

学校を選ぶことができたのは、偶然と運もかなさったかもしれません。
でも、基本的に学校を選べないのも変なきもしますが

> 下の子供達(身体的にも障害をお持ちのお子さん達)の面倒をよく見ているそうです。

お、なかなか良い子じゃないですか!!

マリオにはまだまだできない芸当だな

でも、自閉症児ってじつは他人に優しいし
意外と他人を気にかけてるところがあるんですよね
2005/10/14(金) 03:01 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
コメントありがとデス!
★BATUさん、こんばんは~^^

>学校選びは大変だね・・・・・だけど頑張ってよ!※q(^‐^*)/※ファイトォオオ!!※\(*^‐^)p※

ありがとうございます!
でも、選ぶことが出来ただけ良かったと思います。

BATUさん、早く風邪治るといいですね。
ゆっくり休んでください^^
具合悪いのにコメントありがとう!嬉しいです。



★るぅさん、こんばんは~♪

>私の通っていた小学校にも養護学級がありました。
>でも、その当時は私も友人も、そのお子さんのことや
>親御さんの気持ちや苦労など知る由もなく過ごしていました。

実は私もそうでした^^;
実際マリオが生まれて解かりました。

>それにしても、せっかくマリオ君にぴったりの学校が見つかったと思って
>最後まで嬉しい気持ちで読んでいたのにぃぃ・・・

でも、大丈夫!楽しみにしててw
2005/10/14(金) 17:50 | URL | かりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/35-f11c45c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。