我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、マリオが2年生になり担任が代わりました。
同じく精薄学級のM先生も7年目だったので異動し、40代の女の先生になりました。

うちらの学級の担任は、私と同じ歳の女の先生。名前はKO先生、花の独身!
なんでも、学生の頃に自閉症とかの勉強をしたとこがあるという。

むふっ♪期待しちゃう!(´∀`)ノ
きっと教頭先生が頑張って探してきてくれたのだと思う。

そして担任が変わったと同時に、校長先生も変わりました。(前の校長はご病気のまま定年退職)
今度の校長先生は、以前特殊学級を持っていたことがあるとかで、よく私たちの教室を覗きにきてくれ、
また、クラス行事にも積極的に参加してくれました。
校長先生のお話はまた今度ということで・・・
とりあえず担任の話にいっくぞ~!


うちらは、また例のごとくいつものお願いをしました
それから、1年間子供たちが辛い思いをしたこともお話しました。
先生は理解してくれ、2年生スタート!
このKO先生は、まぁ明るい感じの方でいつも歌を歌っていました。(演歌が多かったのですが・・・^^;)
子供たちへの接し方は、う~ん。どちらかというと真面目過ぎて、ちょっと固いかな?
今までのKW先生よりは遥かにいいですが・・・一生懸命過ぎて、ひとりで空回りしている様な感じがしました。
まぁ、相手は自閉症児君たちなので、こっちが頑張って呼びかけても、シラ~ってこと多いから仕方が無いですが・・・

また、毎日連絡ノートもちゃんと書いてくれました。
私が一緒に行ってるので、学校であったことは分かっているのに書いてくれます。

んんん?あれ?
でも、それが普通なのかな?ひょっとして・・・?
今までのKW先生は一度も書いてくれなかった・・・
ってか授業の始めも終わりもなかったような・・・あぅ。
学校からのおたよりもちゃんとくれなかったし。もう過ぎた話だからいいんだけどさっ。

ま、連絡ノートですがマリオは書かないので、先生が代わりに予定や持ってくる物なども書いてくれました。
たま~にマリオを席に着かせ、連絡ノートを書かせることに成功した時もあります。
でも、おふざけが好きなマリオ

+月28日32曜日
 1時間目 ×○
 2時間目 ×○
 3時間目 まりお
 4時間目 まりお
 5時間目 かりん
 6時間目 かりん
 7    ひでき

などと書いていました。7は自分で書き足して^^;
それでも、KO先生は「見ました。KO」とサインをくれました。

ちゃんと書けていたのは、遠足の前日だけ・・・
<持ってくる物>
スイトウ・ベントウ・ハンカチ・おやつ?・はなかみ・あめのときべんきょう・
べんきょうどうぐ。となんとか読める字で書いてありました。

マリオに席に着かせて何かをさせるというのは、難しいのですがKO先生は一生懸命頑張ってくれてました。

ちょっと真面目過ぎるのが気になるけど、やっと普通の先生に会えた!
と思っていました。
とにかくKO先生は、真面目で一生懸命。
自閉症児君たちって、どんな遊びが好きなのかも分かり図らいし、
(ほら見て見て!面白いよ!と何か見せても、知らん顔だったり^^;)
遊んでやろう、係わろうとすると結構疲れる。

私は「先生、あまり一生懸命になりすぎて、疲れないようにしてくださいね。」
とよく言っていました。
(私も疲れないように適当にやてますので~^^;)

それから、私は少しずつマリオと離れられるといいな~と思い、1時間だけ教室を離れたりとか、いろいろやり始めました。
本当は、本人がママ来なくていいよ!って言うまで・・・とかいいながらも、私は焦っていたようです

しかし、そうやって私がいない時にタコ事件?が起こりました!

教室に戻ろうと歩いていると、マリオの物凄い声と暴れる音が聞こえてきました。
「うわ、大変!どうしたんだろう!」急いで教室にいくと、
マリオは何かビニールのようなものを破いたりして、凄いパニック状態!そしてしきりに、
「たこが~!たこが~!」
と叫んでいます。

あまりの騒動に生活指導のW先生も来ていました。
W先生は、よく授業の手伝いで来てくれていたので、このクラスの子たちのことを良く理解してくれていました。
子供たちもW先生が大好きで慕っており、特にU君はお母さんの様に甘えていました。

W先生は「たこ、たこ~ってマリオ君言ってるけど、どうしたの?」
とKO先生に聞いていました。

すると、
凧を作ろうと材料を出したら、4つのうち1つだけ形が違ってたんです。
それをマリオ君に渡し作り始めたところ、マリオ君がそっちの凧がいいと言い出したので、
「ダメだよ、マリオ君はこれ!」と言ったら、怒って凧をはさみで切り刻んでしまった。

とのこと・・・

「それならD君のと取り替えれば良かったのに。D君はまだどっちでもこだわらないから。」とW先生。
(この頃のD君はいつも床に寝転んで手をヒラヒラしてるだけで、
これがいいとか、あれがいいとか、意思表示がほとんどなかった)

「でも、私はこの違う凧のほうが、マリオ君にいいと思ったので。」と担任。

私も「ダメなどと言わず、D君のと取り替えたり、もしくはU君やルフィー君に聞けば交換してくれただろうに・・・」と思った。

どうも融通が利かなくて、生真面目なKO先生。
だから、結構マリオとは合わなかった。


主人もKO先生の生真面目さなどが気になっていたらしく、土曜日など私の代わりに学校に行った時に
「もう少し肩の力を抜いて、やってください。」とお願いしたそうだ。

う~ん・・・昨年度のKW先生よりはいいけど・・・大丈夫だろか~?
てな感じで1学期が終わった。


そして2学期。
夏休み、女友達とふたりでスペイン旅行に行ったというKO先生。
子供たちや私に写真を見せてくれた。
いいなぁ~。花の独身は・・・。海外旅行か羨ましいな~。と心の中で思ってた私。
ま、先生も休みはエンジョイしてたんだな。
真面目過ぎる先生なので、この子たちの面倒見てて、お疲れじゃないかな?っと心配していたが大丈夫そうだ。

そして、運動会の練習など忙しい日が始まった。

ところがっ!
突然。本当に突然。先生がおかしくなった・・・!

朝、いつものようにマリオと
「おはようございま~す!」と教室に入ると、
KO先生がいつもの笑顔で
「おはようございます!ニジマス。」という。

・・・ん?ニジマス?

「今日私、言葉の最後に『ニジマス』っていってしまうんです。ニジマス。」
「だからすみません!ニジマス。」


・・・・・・・

はじめはふざけてるのかと思っていたが、そうでは無いみたいだ。

本人はどうして『ニジマス』って言葉が出てきたのか、私に一生懸命説明してくれた。
なんかの言葉をいった時に、~にします。と言うのを間違えて、~にじます。といってしまい、
それが可笑しくて『ニジマス』が付いてしまった。
とかとか・・・よく意味が解らなかったが・・・
でも、その説明の時にも、ちゃんと『ニジマス』は語尾に付き、明らかに変だ!

私はニコニコしたまま、後ずさりして教室を出て職員室に猛ダッシュッ!
職員室の扉を勢いよく開け、「教頭先生~~~っ!!!」と叫びながら入っていった。
あのKW先生の件以来、教頭先生は
「また何かあったらすぐ相談しなさいよ!ハゲてしまう前にちゃんと言うのよ!」
とよくお声を掛けてくれていた。^^;

だから、とにかく教頭先生にお知らせしないと!と思い、
「教頭先生!KO先生が変!変です!言葉の語尾に『ニジマス』とつけて・・・ふざけてるようでもなく、『ニジマス』が止まらなくて・・・
とにかく教室に見に来てください!」


教頭先生と生活指導のW先生と一緒に教室に戻ると、
KO先生は子供たちに『ニジマス』を連発していた。

「はい、ルフィー君これやってみて。ニジマス。」
「U君そうじゃないよ。ニジマス。」
「こういう風にやってみてね。ニジマス。」
「うん、それでいいよ。ニジマス。」

そして黒板には大きく『ニジマス』と書かれていた
(子供にも説明したようだった)
教頭先生と生活指導の先生は、最初、驚いて言葉も出なかった・・・

しばらくして、教頭先生はKO先生に話かけた。
「その『ニジマス』は何かね?」と・・・
KO先生は私にしたように説明してたが、その間もやはり『ニジマス』は止まらず、
その日は他の先生が一緒に授業に出る形で過ごした。
そして『ニジマス』は一日中、消えることはなかった。

そして次の日から、KO先生はご病気ということで、2学期いっぱい休むことになった。

またもや担任の休職で、私たちは途方に暮れていた。

でも、校長先生が頑張ってくれて、すぐに講師の先生を入れてくれた。
大学を出たての23歳。まるでお姉さんのA先生だ!
先生がころころ代わって、子供たちは可哀想だが仕方が無い。
私も気を取り直して、A先生と仲良くやっていこうと決めた。

A先生は初めて教室を受け持つようで、
「私はこの子たちにどのように接したらいいでしょうか?
何をしたらいいでしょうか?」

っと聞いて来ました。
私は
「毎日、楽しく子供たちとたくさん遊んでください。
そうすれば、自然と子供たちとコミュニケーション取れるから。
勉強などはそれからでいいから」
と言いました。

A先生は笑顔で「わかりました!」といい。
本当によく遊んでくれました。(子供のように^^;)
しかも、無理なく遊んでいる。はっきりいってKO先生より上手い?
無理に何かを教えてやろうという気持ちも無く、本当に一緒になって楽しんで遊んでる。
子供たちにも笑顔がもどり、遊び以外でもいろいろなことが出来るようになった。

とても素直で、子供が大好きなA先生。
私も子供たちもA先生が大好きになりました。

でも、別れの時がやってきました。
2学期いっぱいという期限つきだったので、クリスマス・イブの日にA先生は学校を去っていきました。
子供たちはクリスマス用に作った、オーナメントなどを先生に渡しました。
私たち親からは、クリスマスリースをプレゼントしました。

そして、みんなで泣いて泣いてお別れをしました。
みんな涙でぐちゃ、ぐちゃになりながら・・・とよく見ると・・・

あれれ?泣いてるのは・・・ルフィー君がちょっと涙ぐんでるだけ???
他のみんなは知らん顔・・・あぅ・・・自閉症児君たちでしたもんね^^;

だからぐちゃ、ぐちゃになって泣いていたのは、親とA先生だけ・・・あはは^^;

そして、年が明けて3学期。
KO先生はちゃんと復帰してました。


がっ!

私はKO先生の顔を見てびっくり・・・
眉間にしわが寄ったまま、ニコリとも笑いません。
一生懸命、笑顔を作ろうとしているみたいですが、目が怖く全く笑えないのです。


そして怖い顔のまま、子供に接してる。
もちろん子供たちは敏感です。
A先生の時のような笑顔は消え、戸惑ってるようでした。

まだ、辛いのかな? 病気?がまだ良くなってないのかな?
取り合えず、教頭先生に会ってこよう・・・

職員室に行き
「教頭先生、KO先生のご病気は治ったのですか?
なんか怖い顔のままで、笑えないようですが・・・」

というと、教頭先生は
「やっぱり!教室でもおかしいかね?!」と言う。

「教室でも・・・って何かあったのですか?」と聞くと、

「いやね、今朝私が仕事をしていたら、KO先生が来てね。
私にコーヒーって一言いうのよ。」


「え?コーヒーですか?」

「そうなのよ!で、何?コーヒー飲みたいんかね?」と聞くとコクンとうなずくから・・・

「え?え?教頭先生がコーヒー入れてあげたんですかっ!!??」

「そーよ!入れてあげたわよ!!!私にコーヒー入れてくれる人はいっぱいいるけど、コーヒー入れさせたのは、あの子が初めてよっ!!!」

すげ~!ある意味すごい!KO先生。
普通出来ないよ!って普通じゃないからできたんかぁ────っ!?
朝の出来事を思い出してしまった教頭先生はヒートアップ。

「普通は教頭先生にコーヒー入れてあげますもんね。」

「そうやろ!?普通そうやろ!?
それなのに、あの子美味しそうに私が入れたコーヒー飲んでたわ!!!
おかしいやろ!?あんたどー思う?」


「お、おかしいですって!絶対おかしい!!!」

あの!教頭先生に(かなり怖いで有名な)コーヒー入れさせるなんて・・と((((・д・)))) ブルブル
教頭先生に睨まれたら、みんな蛇に睨まれたカエル状態になってしまうほど怖いのに・・・(先生ゴメンナサーイ


とにかくKO先生はまたもや、休職になり・・・
代わりにまたまた、講師の先生が来ました。
今度は25~6歳の男のT先生。そう、まるでお兄さん先生!

とにかく子供たちと遊んでくだい。それしかお願いしなかったように思います。
T先生は面白可笑しく子供たちに接し、また、若いし力もあるので、
子供たちは大胆な遊びをしてもらいすぐになつきました。
ただD君だけが、大胆な遊びにとまどっていました。
(放り投げたり、ぐるぐる回してもらったりの遊び)マリオは大喜びでしたが・・・

でもまぁ、T先生もKO先生より上手に子供と接していました

あれれ?講師の先生のほうが良かったり・・・

ま、こうして1年が過ぎ。

そして、この2年生の時の私のあゆみ(成績表)には、3人の先生の名前が並びました。
1年間に先生が3人とは・・・スゴイな!

にしても、悩んで選んでこの学校に来たのに・・・一体私たちって・・・
その後、校長先生が頑張ってくれて、結果的には良い先生たちに出会うことができ、無事6年間を過ごすことが出来ました。



それから、実はKO先生の病気はひょっとして、私が教室にいるとこがストレスなったのかと心配していたのですが、前の学校でもやはり病気になっていたそうで、私のせいでは無いことが分かりほっとしました。

そして、KO先生はそのまま1,2年休職したまま別の学校にうつり、ご結婚なさったそうです^^


・・・ふぅ─────っ・・・・ネタが尽きないマリオ一家でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
す、凄い内容ですね
今までロム専してましたが、今回初めてコメント書かせていただきます
いや~それにしても凄い内容でした~~マリオ君のお母様、お父様の気苦労は相当な
ものとお察しします!!!
担任に翻弄される自閉症児は混乱も多かったと思います
私も自閉症2人を育てる身なので気持ちが良くわかります

私のブログhttp://blog.goo.ne.jp/nori_1968/です
2005/10/20(木) 14:40 | URL | nori #-[ 編集]
ごめんなさい、笑わせ過ぎ。。。
ニジマスってあなた・・・でも、本気の顔だったら、笑えないよね~。。。

あぁ、ちょっと落ち込んでたけど、笑った笑ったv

ニジマス。。。ふふっふ・・・・・あはははあ^^~~はぁはぁ。。。
2005/10/20(木) 15:04 | URL | こうめ #-[ 編集]
コメントありがとデス!
★noriさん、こんばんは~!

初めてのコメントありがとうございます~^^

>担任に翻弄される自閉症児は混乱も多かったと思います

うん、そう思います。うちら親の気苦労はいいとしても、本当に子供たちが可哀想でした。
でも代わりに来てくれた、2人の講師の先生が良い方だったので救われました。

それから、アドレスありがとうございます!
早速おじゃましますね!
これからもよろしくお願いします。



★こうめさん、こんばんは~♪

>あぁ、ちょっと落ち込んでたけど、笑った笑ったv

そうそう、ニジマスで笑って、落ち込んでたの忘れちゃえ~!
(って忘れたらいけないか^^;)

笑い過ぎて、明日腹筋が痛くならないように!
あ、もう遅いかな。 はぁはぁ。。。言ってるくらいだもんね~^^;
2005/10/20(木) 22:46 | URL | かりん #-[ 編集]
壮絶!
私、hidekiさんの前記事でなんと知らない間に涙を流しながら読んでいたのですが、“ニジマス”には笑いで涙を流してしまいました!
それにしても、小学校の最初の2年は壮絶だったんですね。私の周りでも「光とともに」の郡司先生のような先生もいたりで大変な人もけっこういるのですが、かりんさんとこは本当にいろいろあったんですね。
今はこんなに笑いもおりまぜて語っていらっしゃるけど、当時は毎日神経すり減らして大変だったんだろうことがうかがわれます。
その後の先生がよい先生だったとのこと、なんだかホッとしました。
マリオくん、素敵なお父さんとお母さんに守られてきたのですね~☆
2005/10/21(金) 00:30 | URL | ゆーふ #zK4OIkEE[ 編集]
コメントありがとデス!
★ゆーふさん、こんにちは^^

>“ニジマス”には笑いで涙を流してしまいました!

あらん。ニジマスでもゆーふさんを泣かしてしましましたか^^;
ゆーふさんの周りでもいろいろな先生がいるんですねー。
「光とともに」の郡司先生タイプか~!あれ?どんな先生だったっけ?
ってことでマンガ読み始めちゃった。
やっと4巻目で郡司先生、登場!そこにいくまで、何回も泣いてしまいました^^;
(毎度のことですが・・・)
お~お~郡司先生思いだした~!青木先生のような先生ならいいのにな~(^▽^)

>その後の先生がよい先生だったとのこと、なんだかホッとしました。

はい。だから安心して読んでくださいね♪
2005/10/21(金) 14:31 | URL | かりん #-[ 編集]
KO先生は真剣に、しかも病気なのですし申し訳ないのですが
{ニジマス}だけは笑いが止まりません・・・^^;
先生もよっぽどタフじゃないと務まらないですね。
一年間に3人じゃ、子供達も混乱しますよぉぉ。
でもよかった、その後は落ち着いたみたいなので、安心しました。
かりんさんの闘い。。。いつも読み応えがあります。
2005/10/21(金) 17:11 | URL | るぅ #-[ 編集]
なぜにニジマス?ですよね~(='m')くすくすっ♪
あ、でも、自分の子の担任がすだったら、
やっぱり、かりんさんのように他の先生のところへ走ります(^^;

勝手ながらLINK貼らせていただいてます。
事後承諾になってしまいました。すいません。
よろしくお願いします~m(._.*)mペコッ
2005/10/21(金) 22:48 | URL | さとこ #-[ 編集]
コメントありがとデス!
★るぅさん、こんにちは~!

>先生もよっぽどタフじゃないと務まらないですね。

うん、ほんとに!てか親もタフにならないと務まらないですよ^^;
子供がパニックで暴れてる時、親は情緒不安定でメソメソ泣いてしまったり、一緒に暴れて?しまったり・・・
普通の子でも、いろいろ問題は起きるしネ♪

>かりんさんの闘い。。。いつも読み応えがあります。

ありがとうございます♪ いつでも、闘うお母さんでっす!
もう、校長だって教育委員会だって、全然平気~♪みんな同じ人間だもーん。てへっ♪




★さとこさん、こんにちは~♪

>やっぱり、かりんさんのように他の先生のところへ走ります(^^;

ですよね!ですよね!
やっぱ「先生が変です~っ!」って走りますよね!

それからリンクの件、ありがとうございます!
実は私もさとこさんとこのブログ、よく遊びにいくところで貼りたかったので、聞こうと思っていたんです。
貼ってもいいですか~?よろしくお願いします!
2005/10/22(土) 13:29 | URL | かりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/41-f465ad2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。