我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が言われた訳じゃないのに、その話を聞いた時に
「なんじゃっ!そりゃ~っ!!!」
怒りで一杯になったお話があります。
今でも忘れられませんっ!

これはマリオと同じクラスだった、2歳年上のルフィー君のお話です。

前にもお話しましたが
マリオが通っていた小学校は、情緒と精薄、二つの学級があり
二つの学級を合わせて、5組さんと呼ばれていました。

精薄の学級には、6人の生徒がいました。
普通に会話もでき、自分の気持ちもだせる子たち。
ただ普通学級では、勉強が追いついていけない・・・
どういう障害の子たちなのか
ハッキリ聞いたこともなく、よく分かりませんでしたが・・・


精薄クラスとは、音楽や、体育など一緒にやる時間がありました。
また、給食も5組でまとまってくるので、精薄の教室でみんなで食べていました。
(教室も広く、大きい机もある為)
けれど、マリオはなかなかそちらの教室に入ることができなかったので
自分の教室に一人で、お弁当を食べていました。

でも、もともと障害が違う子たちが一緒にいるので、トラブルが結構ありました。
特にトラブルの元になったのは精薄クラスの6人のうちの2人

一人はIQは普通。ただ家庭環境が非常に悪く、そのために荒れてる子
(親と暮らすことが出来ず、祖父母と暮らしていた。
また、その祖父が異常に怒りっぽい人で、いつも彼は祖父を恐がっていた。)
とても可哀想な子なのだけど
普通学級では、その子がいると授業にならない為
特殊学級(精薄クラス)にきていた。

もう一人は、何故かわざと意地悪をする子。
その子たちが、しつこくちょっかいを出すのだ!

どんな内容の話をしてきたのかは、よく分からないが
例えば「箸の持ち方が悪い、変だ~!」とか言ったり(全然変じゃないのに)
「○○がおかしい~!」とか、そういう事を言われて
嫌がることを知ってて、彼らはワザワザ言う。

そう言われるとルフィー君は

「違うと言って~!変じゃないって言って~!」」
「おかしく無いと言って~!」とパニック!

また、その子たちは、「違うよ」と言ってあげれば
パニックが収まるのを知っているのに、ワザと言わない。
ルフィー君がパニックになるのを、面白がってる・・・
これは、U君もやられてた。(うちらのクラスの子)

それから彼らの暴力も酷かった。
ルフィー君は両頬を引っかかれたり(現在も何本もの傷あとがあるそうです。)
足や腕などにも・・・
特に給食の時間が、酷かったようです。


楽しいはずの給食なのに!!!
こんな酷い目に会わないといけないなんて!


第一、ちゃんと2つの教室があるのだから
別々に食べればいいじゃんか!
そのほうが楽しく美味しく食べれるし、マリオも一緒に食べれし・・・

あまりにも酷いので、ルフィー君のお母さんは精薄の担任に言った。
「別々に給食を食べることはできませんか?」・・・と。

するとその担任は言った



「これはルフィー君の試練なんです!」



はぁ~~~っ?試練~~~!?



これを絶えろというのかっ!!!!
相手はワザとやってるんだぞ!
この先生は、あまり自閉症児のことを分かっていなかったと思う。
でも、試練で片付けてしまうなんて、酷い!

これから先、いろいろな壁が出てきた時に、
乗り越えないといけない時も出てくるだろうし
絶えることが必要になる事もあると思うが
これは違うだろう



その後、
「もう我慢できないっ!ルフィー君が可哀想!」
と当時の担任が泣きながら訴え、
強引に自分たちの教室で食べるようになりました。





以前、馬場エマさんのブログ


 周りは全員ルールを知っているのに
 自分だけ知らない。
 知らない中でゲームを続けなければいけないとしたらどうだろう?
 あれを見て、自閉の子たちが置かれている不安を
 初めて想像できた気がする。
 私だったらあんな不安だらけの世界でやっていけるか。。。
 そんな世界に囲まれている発達障害の子供たち・・・
 本当にかわいそうでならない。



というのを読んだ。
正直、私も初めて自閉の子たちの気持ちが、想像できた気がしました。

そんな不安だらけの子たちに向かって
試練ってなんだ!?
この子たちって試練なんて与えなくても、
毎日が試練のようなもんじゃないのか!?

そう思ってしまうのは私だけでしょうか・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自閉の子たちの気持ち
カリンさん、こんばんは。

私の尊敬する、佐々木正美先生が良くおっしゃるには

自閉症の人の世界を、そうでない人たちは想像することはできるけれど

自閉症の人たちが、そうでない世界や人の気持ちなどを想像することは、とても難しいことである。

だからこそ、自閉症の人たちの意図を汲み取って
こちらが、彼等を理解する努力をしなくてはならない。

>毎日が試練のようなもんじゃないのか!?

きっと、そのとうりなんだと思います。

言葉や習慣のわからない外国に、取り残されたような…

自分を宇宙人のようだと、言ってる方もいますよね。

そのことは、きちんとわかってあげたいと思います。

2005/11/30(水) 03:13 | URL | TOMOはは #-[ 編集]
ゲッ!!
わたしってば、そんなエエ事書いてたの~?(我ながら惚れ惚れ・・・って自分の書いた文を忘れとる、ははは)

でも、改めてそうそう、そういう子達なんだと認識あらた。
つい忘れてしまうのよね、日々の暮らしの中で。
かりんさんや、一ヶ月ごとにこれアップしといてくれ
なんでやねん!(;ーー)ノ☆(ノ_ _)ノズルッ

んでも、その担任の自閉児への無理解。読んでいてムカムカ。ルフィー君、ほんとに、かわいそぅ。ちょっとジンワリ来ちゃいました。
2005/11/30(水) 08:53 | URL | 馬場エマ #AUcwpENY[ 編集]
こんにちわ。

これはひどいですね。
こういう教師の乱暴?怠慢な対応が、親同士・子ども間・親子の関係を悪化させているのではないか?と、思わされてしまいます。
先生同士の関係も作れていない。連携の悪さも浮き彫りですね。

情緒の先生の存在が…。どこ行っちゃったの?と思っていたら、最後にちゃんと登場してくれて、少しほっとしました。
「ルフィー君は想像を絶する試練を乗り越えた青年。と、言う事ですね。マリオ君はすばらしいご友人に恵まれていますね。」…?。などなど、視点を変えてみようと試みてみましたが…。
これは無理!
大人になるまで残る傷が小学生に必要な試練であるわけがありませんよね。
障害児を『かわいそう』にしているのは誰?なのか?
いろいろ考えてしまいました。

あと、おかしな感想ですが、怒ったかりんさんが、ちょっと新鮮?とか思ってしまいました。不謹慎でスイマセン。
2005/11/30(水) 10:09 | URL | NANA #-[ 編集]
追憶
ルフィーの入学以来の天敵のY君、後から加わるK君、彼らを持て余し振り回されるW先生・・。
W先生の口から「試練」という言葉がでるまでは、少なくともW先生のご苦労に対して敬意を表していました。
ついでにその時言われた事は、「Y君達がルフィーにいじわるするのは、お母さんがいつもルフィー君の為に一生懸命で、それに対してY君達はうらやましくて、わざといじわるする。」とのことでした。だから、あまり学校に覗きに来るな・・!?ってか・・
でも、そんな事でめげてるような私達じゃなかったよね!カリンさん!私達のクラスは楽しさいっぱい笑いでいっぱい!担任の先生もすごくがんばって下さって感謝!感謝!
今のルフィーは「自分がされてイヤだった事は、人にはしない」
と言っています。ちなみにW先生から毎年、年賀状が送られてきますが、ルフィーは返事を」出しません・・・。
2005/11/30(水) 11:36 | URL | ルフィーの母 #-[ 編集]
なんだかね...
かりんさん、こんにちは
読んでて涙出てきちゃいました。
ルフィー君がどんなにつらかったか考えたり
自閉の子達の不安をあらためて思ったり
オトナの都合で居場所がなくなり、精薄(この言葉もつらい)学級に入れられた子の荒れた気持ちを思ったり

「試練」なんて言葉で逃れるなんて子ども達のことは何も考えてないように思われます。
でも、マリオ君やルフィー君はいいクラスだったのね。よかった(^^)
2005/11/30(水) 12:35 | URL | すばるママ #TBb5cWT2[ 編集]
辛いですw
読んでて辛いですw
「試練ってなんじゃそれ???」って
ついPCに向かってつぶやいてしまいましたよ~(-_-;)
それは彼が乗り越えるべき壁に当たった時に使う言葉で、
この場合、どう考えても違いますよね。
先生によって考えが違って教育も違って、
それは当たり前の事。
だからこそ、せめて話し合って分かりあえる先生に担当がなりますように・・・と思わずにいられませんよね。
2005/11/30(水) 15:24 | URL | さとこ #-[ 編集]
TOMOははさん、こんばんは~!
>自閉症の人の世界を、そうでない人たちは想像することはできるけれど
自閉症の人たちが、そうでない世界や人の気持ちなどを想像することは、とても難しいことである。
だからこそ、自閉症の人たちの意図を汲み取って
こちらが、彼等を理解する努力をしなくてはならない。

なるほど。
でも、難しいんですよね・・・
彼らの意図を汲み取るって。

うちの場合は、無理に理解しようと頑張らないで
マリオの気持ちに寄り添って行くような
感じでいればいいのかな?
う~ん。でも、寄り添うっていうのも難しいかも~

とにかく彼らにとっては、毎日が試練のようなもんなんだ
というのを、いつも忘れないであげましょう!
2005/11/30(水) 21:32 | URL | かりん~TOMOははさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
エマさん、こんばんは♪
>わたしってば、そんなエエ事書いてたの~?

そうよ~。
エエ事書いていたわよ~!(笑)
でもマジでこの話読んで、
自閉さんたちの気持ちが想像できたもん。
スゴク分かりやすかった!エマさん、感謝i-175


>つい忘れてしまうのよね、日々の暮らしの中で。

うんうん、つい忘れてしまう。
これは毎月アップしないといけないか~っ!?
「みなさ~ん。忘れてませんか~?
この子たちにとって、毎日が試練なんですよー!」ってi-235
・・・って、
私では、アップすることも忘れそうだわ・・・ぐふっ。
2005/11/30(水) 21:46 | URL | かりん~馬場エマさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
NANAさん、こんばんわん。
>先生同士の関係も作れていない。連携の悪さも浮き彫りですね。

実はですね~。
うちらの担任は、3、4年と講師の先生なんです。
で、精薄クラスの先生が主任でして・・・
おそらく立場上、
主任の言う事を聞かなければ、いけないのではないのかな?
・・・と思います。
だから、泣きながら訴えたうちらの担任は
頑張ったと思います。i-179


>大人になるまで残る傷が小学生に必要な試練であるわけがありませんよね

そうだ!そうだ!そうだ~!もっと言ったれ~!
スミマセン興奮しちゃったi-229


>あと、おかしな感想ですが、怒ったかりんさんが、ちょっと新鮮?とか思ってしまいました。

ぷぷぷっ。
でも、実はキレキャラだったりして・・・
怒りが頂点になった時は、大きな深呼吸を3回して
いつも心を落ち着かせています。i-239
2005/11/30(水) 22:04 | URL | かりん~NANAさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
ルフィー母さん、こんばんは^^
>「Y君達がルフィーにいじわるするのは、お母さんがいつもルフィー君の為に一生懸命で、それに対してY君達はうらやましくて、わざといじわるする。」

あ~思い出した!そう言ってたわ。
たしかにあの二人は、お母さんの愛情に飢えていたのもあると思う。
祖父母と暮らしていたK君もそうだが
Y君もお母さん忙しそうだったし、
また、年の離れた妹が出来たばかりだったしね・・・
でも・・・あれは酷いよね!


>今のルフィーは「自分がされてイヤだった事は、人にはしない」

ルフィー君、えらいっ!!!
今も変わってなかろうあの二人に、聞かせてやりたい!
2005/11/30(水) 22:16 | URL | かりん~ルフィーの母さま。 #nlnTgiQk[ 編集]
すばるママさん、こんばんは!
精薄って言葉も、辛いです・・・
実は、小学校の話を書くときに迷いました。
でも学校で実際にそう言われていたので
そのまま使ってしまいました。i-182


>でも、マリオ君やルフィー君はいいクラスだったのね。よかった(^^)

うん!
1、2年の時は、ゴタゴタでしたが
3年生からはいいクラスでしたよ~!
とにかく先生と親たちが、とても良い関係だったので
最高でしたっ!v-218
2005/11/30(水) 22:33 | URL | かりん~すばるママさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
さとこさん、こんばんは~♪
>「試練ってなんじゃそれ???」って
ついPCに向かってつぶやいてしまいましたよ~(-_-;)

でしょ?でしょ?
なんじゃそれ???ですよね!
もう、叫んじゃってもいいくらいよね!(私は叫んでしまいましたわi-229


>先生によって考えが違って教育も違って、
それは当たり前の事。
だからこそ、せめて話し合って分かりあえる先生に担当がなりますように・・・と思わずにいられませんよね。

うん、そうですよね~!
そういえば過去に、
話し合っても、話し合っても、ダメだった先生いたっけな・・・(遠い目)
2005/11/30(水) 22:44 | URL | かりん~さとこさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
自閉症児の生まれ持った試練。
それって確かにあまり想像したことがありませんでした。
もし、自分の生んだ子がそうだったら?ということは
このマリオ君のページで色々想像していましたが・・・。
「ルールの分からないゲーム」ですね、よく分かります。
実際体験したことがるんですよ。
小2の時るぅだけカゼで何日かお休みしていて、
その間に先生があるダンスをみんなに教えていました。
るぅも登校していたある日、その日は授業参観日。
突然先生が「さぁ、お母さん達に見てもらいましょう」って
ダンスを始めたんです。
初耳で、まったく分からず、涙が出るのをこらえながら身振り手振りでおどりました。
あんな苦い日々が毎日続くって思ったら、ぞっとしました。
ルフィーくん、かわいそうだったね・・・。


2005/11/30(水) 23:06 | URL | るぅ #-[ 編集]
試練って・・・・・
その先生、自分がどうにかしなければいけない状況であるのにそれを放棄した上に、被害を受けている子にそんな言葉を投げかけるなんてヒドイよ~!!
最近、そういう「思い込み」というのか
物事を偏った方向からしか見ずに、自分の意見が何よりも正しいと思ってしまうことって怖いんだな・・・・って感じてます。
「正義」を盾にして人を追い込むというのか・・・・
本人にとってはそれが正義だから、余計に残酷なんだよね
違う角度から見れば、決してそれだけが正しい答えではないって解るはずなのに。

私たちの子供達は、そういう誤解を受けることが多い気がします
そこから救ってあげるには、ひとりでも多くの「理解者」を得ることだと思うんだけど、その点でルフィーくんはたくさんの理解者がいて良かったんですね!
2005/12/01(木) 12:19 | URL | mari #3/2tU3w2[ 編集]
るぅさん、こんばんは^^
ううう。
せっかくの参観日に、なんてかわいそうな・・・。
担任も、休んでいて全く分からないるぅさんの事
少しは考えてほしいよね!(`д´)ノ
ちょっと酷いんじゃありませんか!?って
担任に言ってやりたい気分!

でも、自閉の子たちは
毎日が、こんな不安だらけの中で、暮らしているのだから・・・
かわいそうです。
2005/12/01(木) 21:57 | URL | かりん~るぅさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
mariさん、こんばんは~!
>その先生、自分がどうにかしなければいけない状況であるのにそれを放棄した上に、被害を受けている子にそんな言葉を投げかけるなんてヒドイよ~!!

でしょ!でしょ!でしょ!
それにただ別々の教室で食べればいいだけなのに・・・
どうしてそこまで一緒に食べることに
こだわるのか分かんない!


>私たちの子供達は、そういう誤解を受けることが多い気がします

誤解を受けること・・・多いと思います。
また、自分では上手く言えないだけに・・・ね。
だから、この子たちを理解してくれる人が
少しでも多くいるといいですよね!
うちらは担任も上も
よく理解してくれていたので、良かったです。
2005/12/01(木) 22:05 | URL | かりん~mariさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
(^O^)/
先日、この記事を読み逃げしてしまったら、
知ってか知らずかルフィー君のお母さまが
コメントをくださってて自分のブログにも
この記事のコメントを書いてしまった。(汗)
でもでも、とってもコメント入れたくて
やっぱり来ちゃったー(笑)

>毎日が試練

そんな毎日にも愚痴をこぼさず、
「自分がされてイヤだった事は、人にはしない」と
言ったルフィー君に感動した!
きっと今からだっていろんな方に出会う事でしょう。
理解者ばかりとは限らない、いや理解者は少数派かもしれない。
でも、いやな経験をルフィー君のように
転換していける子に育てたい。
2005/12/01(木) 22:16 | URL | くめくめ。 #SFo5/nok[ 編集]
くめくめさん。こんばんは♪
>自分のブログにも
この記事のコメントを書いてしまった。(汗)

はい!早速、読ませていただきましたi-236
あ・り・が・と i-175


>試練って、
強くなってきている人に
その人の強さを試すためにするんだよね?

そうだ!そうだ~!
あー今でもいいから、あの先生に言ってやりたい~!
「あなたの行った事は、
自分の都合のみ、愛も感じません!」
って
でも、きっとそんな先生だから
「試練」って言ったことすら忘れてそうな気がする・・・


>いやな経験をルフィー君のように
転換していける子に育てたい。

同じく、私もそういう子に育てたい。
マリオも弟ルィージも・・・
2005/12/01(木) 23:16 | URL | かりん~くめくめさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
かりんさん、こんばんは。

家庭環境によって荒れている子もある意味かわいそうだと思うけど、それを普通級で手に負えないからって個別支援に来させている例ってけっこう多いのですね。なんのための個別支援なのでしょう。
学校がそんなことをしておいて、意地悪を「試練」なんて言う先生がいるとは!訴えたいっ!
かく言うワタシも、今、中学の先生のことで悩んでいます。
先生って、この子たちを「普通」の世界に合わせるように求めますよね。
ルールのわからないゲームをムリヤリやらされて、「なんでそんなにヘタなの!?」って怒られるようなもの。
パニックを起こしたり、不安だから先生を求めたりすることを、単に「ワガママ」「甘え」と思ってるんですよね~。
養護学校に行ってたらそんなことはなかったのかな・・・なんて、中学生活もあと4ヶ月になって今さらそんなことを考えてみたり・・・。
わーんグチってすみません!
2005/12/02(金) 21:50 | URL | タケちゃん #-[ 編集]
タケちゃんさん、こんにちは~!
>なんのための個別支援なのでしょう。

本当にそう思います。
しかもその子、初めは情緒のクラスに来ていて
それはそれは振り回されました。
本来のクラスの子たちが、小さくなっていましたもん。


>先生って、この子たちを「普通」の世界に合わせるように求めますよね。
ルールのわからないゲームをムリヤリやらされて、「なんでそんなにヘタなの!?」って怒られるようなもの。

この子たちって、本当に可哀想ですよね。
先生も一度、ひとりだけルールの分からないゲームを、延々やってみろっていうの~!
(スミマセン思わず興奮しちゃった♪)
どんなに苦痛で不安か・・・

中学生活あと4ヶ月。
少しでも先生に理解してもらって、楽しい4ヶ月にしましょ。
たくさんグチってくださいなi-176
2005/12/03(土) 16:05 | URL | かりん~タケちゃんさま。 #nlnTgiQk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/69-aef80209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。