我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今だから言えることがあります…もう時効だから、いいよね

マリオが2~3歳の頃は、多動がすごく、外を歩いている時などは
手をつないでもその手を振りほどいて、だぁ~~~~~~っと走り
出してしまうような子でした。まさに外では糸の切れた風船

一方で家ではというと、一生懸命話しかけても言葉はなし。もちろ
ん返事なんてのもしない。本を読んでも上の空。目もあわさない。
で、ず~~~っと独りで遊んでいるか、TVをみてるだけ。
「甘えてくる」「おねだり」なんてことはなかった。

外に出ると大変だけど、家の中では手間のかからない子でした
だけど、その反面「可愛げ」はなかったです
(あ、顔は色白でタレ目と、とてもカワイイ子だったんですよ!)


だからでしょう、
ある日カリンがこんな独り言をボソっといったんです
「私、実は子供って、苦手なんだぁ…」

当時彼女は20代半ば(若かったなぁ。。。遠い目)
子供が得意なわけがないですよね。でも一生懸命彼女なりに教えて、
話しかけて、それでも何ら結果がかえってこなかったら、自信をな
くしても当然かもしれません。

私はというと、私もそんな小さい子に接したこともないし、むしろ
どう接したらよいかなんてカリン以上に分からない。
ただ、私はマリオに教えよう・躾けようという意識もなかったので、
ひざに乗せながらTVゲームをしてました。マリオも大人しく座っ
て一緒に画面をみてました

そんな姿が、マリオがなついているように見えたのかもしれません

弟が生まれるときに

「マリオはパパのほうになついているから、パパはマリオをみてね
 私は弟のほうをみるから」

なんてこともいってました。

いや、私だってマリオとどう遊んだらいいかなんて分からない(汗

だから、
幼稚園にいって、いろんな子供と遊べば、きっと変わるんじゃない
だろうか?

幼稚園の先生は、小さい子と遊ぶのは得意だから、先生に預ければ
遊び方もちがってくるんじゃないか?

ずっとこのまま家にいて、私らだけとしか接点がないと、
きっとマリオはこのまま変わらないんじゃないか?

見学にいったときに、楽しそうに幼稚園の遊具で遊ぶマリオをみて
そんな思い・期待を、私は幼稚園にいだいてました。
 …いや、期待なんていってますが、要は逃げてたわけなんです

ところが。。。
面接時の幼稚園の園長の話は、ブログにあったように
「もう少し、親御さんの元で育てたほうがいいですよ」
ってものでした。

いや、ちょっとまて。厄介な子は受け入れないということかい?
私だって負けちゃいません。

「この幼稚園の遊具でマリオはすっごい楽しそうに遊ぶんです
 その姿をみると、なんとかこの幼稚園ですごさせてやりたいと
 思うんです」

と訴えかけました。すると、園長先生は

「もしこの幼稚園の設備がマリオくんにとって必要なら、幼稚園に
 いつでも来てください。別に園生じゃなくても構いませんよ」

と言うんです。しかも

「私たちは、この子の入園を拒否してるわけじゃないんです。
 ただ、今の状態だと変に親元を放すようなことはせず、もっと
 親と子供の関係を築くほうが良いんです。
 まず1年やってみてください。
 1年後、あなたがたがもしお見えになったら、その時は面接とか
 はもういたしません。無条件で入園ということにいたします」

そうまで言ってくれました。心を見抜かれたようでした。
このとき、私は自分の心の狭さを恥じました

この園長先生は本当にマリオの事を案じてくれていたんです

でも、先に話をしたように根本的に私もカリンも子供の接し方には
自信をなくしていた。
そこに、園長先生の奥さんが渡してくれた本と、園長先生が紹介し
てくれた、聖マリアンナ病院の「言葉の治療室」という場所が、
私たちの「道しるべ」と「止まり木」になったんです
(この話は、カリンがきっとブログに書くでしょう)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうですか・・・
マリオくんも かりんさんご一家も 良い 園長先生や 良いご本に
巡りあったのですね。。。

聖マリアンヌの お話も楽しみにしています。
2005/09/03(土) 21:03 | URL | 育愛 #xRS1q4qQ[ 編集]
私もブログに書いたことあるんですけど、障碍が分かるまで、ずーっと自分は子育てに向いてない、こんなに上手にできないなんて・・・って毎日思ってました。

いや、今も思ってるか・・・ダメじゃん。
2005/09/03(土) 21:42 | URL | こうめ #-[ 編集]
最初のお子さんが自閉症だと、
「子供ってこんなものかな」と「ちょっと?」みたいな気持ちが交錯して
不安定な子育て時期が長引くっていうことを聞いたことがある。
ジヘイ君は第二子。第一子との違いがあまりにも歴然。
歩きははじめた11ヶ月の頃には
私の頭の中に「発達変かも警報」が発令されてました。
二人目だけでも異変に気づくのだもの
この園長さんも、自分のお子さんや園児たちとの経験から
直感できたんですね。
こういう方とご縁があったこと本当に良かったですね。
2005/09/03(土) 22:13 | URL | くめくめ。 #SFo5/nok[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/04(日) 00:10 | | #[ 編集]
いい出会いですね
かりんさんは素晴らしい園長に出会われたのですね
逃げ道も道しるべも用意して、そしてかりんさん達を信じていた。素晴らしい人ですね
コメントが長くなってしまったんでトラックバックさせていただきました
2005/09/04(日) 00:19 | URL | ちゃむ #mQop/nM.[ 編集]
レスありがとうございます!

私は、学校や先生を、ケチョンケチョンにこきおろして書くと思います(汗
だけど、実は素晴らしい先生方と数多く出会うことができました
その点、運が良かったと思います
また個人的には、きちんとこちらの考えや思いを訴え続けた事の結果かな、とも思ってます
学校の先生も、実はまだまだ未熟・未完成で、
色々悩んだり、見栄はったり、苦しんだりしている。
やりたい事ができなかったり、どうしたらいいか思案にくれたり、でも親には悪い顔ができないし。
ホント、会社の中のサラリーマンと同じです。得意先の顔色をうかがい、上司には従い、
でも、なんかおかしいと疑問に感じて愚痴ったり。反骨心ある人は、上司と闘ったり。

> 育愛さん

本当に良い出会いが多くあったと思います
とくにマリアンナの言葉の治療室は、その後の私たちのよりどころ(というか避難所)に
なりました。

> こうめさん

えー、こうめさんとぶぅクンも、とても良い感じだと思いますよ
私らがマリオを、「可愛い♪」と思えるようになったのは、もっと後なんです

> くめくめさん

おっしゃるとおりですね。マリオは最初の子だったから、こんなもんなんかな??と
思っていました。というか、変に「教育!教育!」ってバタバタしたくなかったから、
あえて、「そのうち話すようになるだろう」と自分自身に思い込ませていました
次男が生まれてみて、全然違うということを、はじめて実感しましたよ
次男は甘え上手で、きかんぼうで、だからこそ「可愛い」と感じることが多かったです

> ちゃむさん

トラックバックありがとうございます
 …って、トラックバックのとこにカウントされてないな
  ひょっとしてできていない??
  というか、そもそもトラックバックって何だ?(汗
  ごめんなさい、無知で
あとで知ったのですが、この幼稚園は評判の幼稚園だったみたいです。
その昔、TVで紹介されたこともあったとのことでした。
それもこれも、この園長先生ご夫妻の力だろうなと思います
まず第一に子供たちの自主性にまかせ、良いところを伸ばす。
そして、基本的に叱らない。
子供と一緒になって遊ぶ。必要以上に行事やイベントで縛ることもしない。
園の子供たちは生き生きとして、とても楽しそう。
「できれば、こんな環境の中にマリオをおいてあげたい」と、今でも思えるところでした
2005/09/04(日) 01:47 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
すいません
なんかうまくできてなかったみたいで・・・
やっと出来ました
ふぅ~よかった
2005/09/04(日) 23:00 | URL | ちゃむ #mQop/nM.[ 編集]
> ちゃむさん

いえいえ、こちらこそどうもありがとでした
トラバの使い方も教えてもらった感じで感謝、感謝
以前、こうめさんにトラバしてもらったのですが、その時は
「なんなんだろう??」という感じだったんです
(すみません!m(_ _)m)
2005/09/04(日) 23:27 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
Ichiroです。ご案内メール感謝します。
東京は聖マリアンナみたいないいところがあるんですよね。こちらは、大阪精神保健センターの一角に、松心園という児童専門の外来と入院設備があるくらいでしょうか、、。あと、大阪医大に専門外来があります。普通でいくと、初診外来予約は数ヶ月待ちでした。

まぁ、うちはなんとか、翌週受診でしたが、、。

また、おいおい、メールします。
2005/09/10(土) 21:31 | URL | Ichiro #1CeumcrE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/7-c7b5c009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
☆自閉症児マリオくん☆にとらっくばっくします あたしは働きたかったので息子が1歳半になった時点で育児に行き詰ってた事もあり保育園に預ける予定でした。ところが検診に引っかかり検査や通院でおじゃん。いらだちは募るばかりでした 「あたしは子供好きじゃないし、ど..
2005/09/04(日) 22:45:04 | えんがわ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。