我が家の自閉っ子のマリオ(現在は青年ですが)の成長と、自閉独特の面白?話をお送りします。現在、 管理人がマリオの恩師と一緒に「ハッピー・クローバー」という障がい児・者を応援する会を作りました。障がい児・者の余暇を広げるためにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思ってます。先々はマリオも手伝ってくれるといいな~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜日のこと、駅まで来たカリンが突然「どこか外食しよ!今日はもう大変だっ
たの」と言い出した。
なにがあったんだ!?と思ったら、マリオが見晴台で大パニックだったとか
(くわしくはこちら
http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-75.html

「いまはどうなの?」(ちょうど21時くらいだった)
「うん、今はおちついてるよ」

てなわけで、続きはこちら↓




家にかえる途中で、そんな状況だったのだから、あまり刺激するのは止めようと
いう話し合いをしていた。

で、家について玄関をガチャっと開ける

「ただいま~」(何もなかったかのように、つとめていつもどおりに)

すると、

「あのさ~」
マリオが2Fからさけぶ。

「あのさ~、おれ見晴台で、あばれちゃったよ」
っと、いきなり核心をついたことを言ってくる。さすが自閉症児、ストレートだ。

「それで、窓ガラスをこわしちゃったよ」
(それはカリンから聞いていた。ふとみると窓ガラスに大きなひびが。。。)

「ねえ、マリオ、手とかはケガしてない?」

手をみるけど、ドラえもんのようなまるまるとした手にはケガはなし
110kgの体重の乗ったパンチがモロにあたればサッシのガラスはひとたまりも
ないだろうだけど、それはマリオの拳についてもいえる
…こいつ、結構つよい拳してるのね

「おれさ、あばれてガラスこわしちゃったよ」
(やはり、悪いことを自分でしたということはたぶん分かっているんだろう。
そこにこだわっている。)

「それとさ、おれ見晴台で、あばれて蹴って、壁こわしちゃったんだ」
(な?なに~!?)

「だから、見晴台いけなくなっちゃった。
(う~ん、やっぱり後をひきずってるかぁ)

「中学校いけなくなった」
(そ、それは何の関係もないだろ)

見晴台で、相当イヤな思いをした、その場面と、
壁をこわしてしまったという、いけないことをしたという苛みと、
いろいろなことがマリオの心の中で、ぐつぐつと沸き立ってて、冷めない。
そんな感じです。

ものを壊してしまった…そこまであばれてしまった、ということについては、
自分なりに悪いことをしたということを分かってると思う。
わかってるからこそ、何度も自分を責めてるのだろう。


だから、そこはあまり触れずに

「そっかぁ、見晴台でいやな思いをしたんだもんね。仕方なかったんだよね」
といってあげて、

「ただ、ものはこわしてもいいんだけどさ(本当はこまるけど)、人はこわしちゃ
ダメだからね。人にパンチとかしないでね」
とは言っておいた。

マリオは。。。あまり反応なし

その後、この土日はあまりそこには触れないで、この沸きたった思いが風化する
のを待った。

で、2日たった、月曜日。

今日も、
「おれ、見晴台の壁こわしちゃったよ。学校がいやになっちゃった。」
を朝からずっと繰り返していっていたらしい。

実は、マリオが破壊(!)したのは、大きく3つ
 1.学校:見晴台の壁
 2.自宅の窓ガラス
 3.自宅の押入れの戸

窓ガラスは、金曜日の夜に開口一番で出てきたが、その後はもっぱら見晴台の壁
のことばかり。押入れの戸にいたっては、一切でない(忘れてる!?)

つまり、自分がやったことの中でも、学校(見晴台)の壁を壊したということが
一番ひっかかっているのだ。
たぶん、それが一番まずかったとマリオ自身も思っているのだろう。

朝、カリンが見晴台に電話してみたところ、やはり壁をこわした(穴をあけた?)
とのことだった。見晴台の学園長も「こちらこそ、もうしわけありませんでした。
正直いってこの月曜日からずっと良い感じだったから、ちょっと油断してました。
もっと配慮すれば良かった…」といってくれたとのことです。

たぶん、マリオ自身が「見晴台の壁をこわした」ということへの後ろめたさから
くるこだわりが消えないと、学校へはいけないかな。。。

今日は、わたしらから何も言わず、そのまま中学校も休ませました。
中学校の主任のW先生は電話で

「いま、一番つらいのはマリオ君自身でしょう。しばらくそっとしておいて、マ
リオ君自身の気持ちがおちつくのを待ちましょう」

「実は、事前にみんなで盛り上げすぎちゃったんです、見晴台でがんばって来い
よ!って。マリオ君はだからがんばったんでしょう(実際に見学初日の月曜日はすごかった)。
ところが、最後の最後にこんな結果になって、みんなに良い報告できなくって、
それで苦しんでいるのじゃないかな」


たしかに、見晴台であばれたから中学校へ行けない、というマリオの理屈は腑に
落ちなかったが、そういうことならわかる。

マリオはもう年内の予定表に、自ら「休み!」と書き込むくらいに宣言している。
なんちゅうか、強い意志だ(こんな意志はいらないけどね)

う~ん。。。どうしよう

いつか忘れてくれるんだろうか。
気持ちの整理をつけて、一歩前に踏み出してくれるのだろうか

 …あんなに見晴台を気に入ってくれただけに、ホント残念。
  見晴台がマリオにとって、一番楽しく、一番多くを学べる、
  いちばん良い学校なだけに。。。
  なんとか、なんとか、見晴台にいけるようにしてやりたい。。。

見晴台のほうは、おちついたら、仮に生徒がいないときでもいいから、いつでも
おいで!といってくれている。

W先生が電話でこう言ってたそうです

「きっと、そのうちマリオ君のいうことが少しづつ変わってくると思う。その変化
を見逃さず、学校(マリオの今いってる中学校)のみんなは待ってるよ、という
ようなことをいって安心させてあげてください」


まだマリオの気持ちの中で、見晴台であばれてしまった>見晴台の壁をこわして
しまった>みんなの期待に応えられなかった>自分はいろいろと悪いことをした

こんな、自分を責める思いでぐるぐるまわっているのだろう
きっと胸ぐらをつかまれて、イヤな思いをして、腹が立ってパニックになって、
壁をこわして、われにかえって自分を責めて。。。
…そんな場面をあたかも、今あった事のように、まるで再現VTRをみているかのよう
 にリアルに脳裏に思い浮かべ続けてるんだろうね

「あのさ~、おれ見晴台であばれて壁こわしちゃったよ。イヤになった。学校に
いけない」


なんとか、救ってあげたい。
お前はもう十分反省もしたし苦しんだ。それ以上自分を責めるな。

少しづつ、少しづつ、マリオの気持ちが風化するのを願いたい。
自分を責める刃が、少しでもやわらぐことを祈りたい。

いつか、きっとまた、学校にいけるよね?
大切なともだちがいるんだもんね?

もうあと3ヶ月で彼らともお別れなんだよ…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う~ん
言葉に詰まってしまうなぁ・・・
分かりすぎてしまって。

息子ももうすぐ卒園。
きちんと理解できてるかは、置いておいて、大切な友達と同じ学校でもクラスが違う・・・その事をなんと伝えるべきかを悩んでいます。。。

今まで何度も登園拒否してきたから、
>なんとか、救ってあげたい
Hidekiさんとかりんさんの気持ちが本当によく分かります。

時間をかけて、もう一度・・・ですね。

良い状態に安心してると必ずおきて来る事件。
毎回分かってるのに、陥ってしまいますね。
2005/12/13(火) 07:50 | URL | こうめ #-[ 編集]
切ないね~
マリオ君の辛さもよく分かる!!
そして、その辛さをよく理解してあげているHidekiさん夫婦。切ないでしょうね。
今は充電時だと分かっているつもりでもあせってしまうかりんさんの気持ちも良く分かります。

この二、三日の日記には胸を詰まらせています。
娘もちょっとした事があったのですが、そんなのメじゃないくらい。。。
2005/12/13(火) 09:12 | URL | 馬場エマ #AUcwpENY[ 編集]
お父さん出番では?
折を見て、学校へ『直った壁』を確認に…。
体験で頑張っていた様子なども…。見晴の先生に一筆書いてもらい、マリオ君を通して中学の先生に渡るように…?
(周りの評価が彼の目に触れるように)

>「あのさ~、おれ見晴台であばれて壁こわしちゃったよ。イヤになった。学校に いけない」

どちらか?コメントの中かな?
>子育てはもっぱらかりんで…
と、あったように思いますが・・・?
頼られてますよ!お父さん!
「学校行きたいよ~!でも僕やっちゃんたんだ~!」
と、父に言うところが・・・
15歳!男の子!って感じですねー。
ファイト!トオちゃん!

こちらのご夫婦なら…。余計なお世話ですが、私にはこんな風に見えました。

と、私には見えました。
2005/12/13(火) 09:14 | URL | NANA #-[ 編集]
せつないですね…
マリオくん 冷静になって考えれば考えるほどグルグルと
回想しちゃうんでしょうね…
そういう姿を見ているのもツライですね。
やってしまった事への罪悪感と学校へ行きたいという思いが
交錯してるんでしょうねぇ。
急がば回れ!ですね…ゆっくり ゆっくり良い状態へ
向かいますように…
2005/12/13(火) 11:35 | URL | peco #6iLT5hs.[ 編集]
言葉もありません
初めまして♪
たんぽぽくらぶと申します。
「自閉症×2人」さんのコメントから来ました。
HNは私がやっているしょうがい児のサークル名から来ています。

うちの息子も自閉症です。
そして、来年から中学部です。
2~3記事を読ませていただいて、ちょっと引いてしまいました。何か不安になってきました。
もちろんしょうがいの程度だとか、その子の性格などもあって思春期の波もいろいろなのでしょうが、先輩のお母さん方の話を聞くたびに、これは心して取り掛からなければならないなといつも感じています。
うちの息子は言葉がないのです。だから余計心の動きを感じてあげなければと思っています。
どんな中学生生活が待ち受けているのかわかりませんが、いろんな人の意見を聞きながら、ドッシリと構えて過ごしていきたいと思っています。
また、寄らせていただきます。
今日はここまで。
2005/12/13(火) 12:00 | URL | たんぽぽくらぶ #-[ 編集]
期待に応えるってすごいっ!!
かりんさんの記事に続きこちらでも失礼します。

マリオ君、偉いなぁ。
そこまで自分のしてしまったことを悔やんでるんだもんね。
「自分を責めすぎる」っていうのがとってもわかります。
いいんだよ~、壁は直るんだよ~、マリオ君はそんなに悪くないんだよ~、見晴台の先生も怒ってないよ~・・・などなど。
周りはこう思っても、マリオ君が自分自身で気持ちを整理するのには少し時間が必要なんでしょうね。
Hidekiさんが書かれてるように
「みんなの期待に応えられなかった」っていう自分自身を責める
気持ちが痛いほど伝わってきます。
マリオ君なりに「体験入学、頑張ろう!」と思っていたからこそ
の悔やむ気持ちなんでしょうけれど、
「期待に応える」これってすごいことですね。
こんな気持ちが育ったマリオ君、きっとここも乗り切れるんじゃないかと思います!ふぁいとー



2005/12/13(火) 12:48 | URL | こころ #ndKhkusk[ 編集]
ともだち
> 大切な友達と同じ学校でもクラスが違う・・・その事をなんと伝えるべきかを悩んでいます。。。

ぶぅ君は園で友達ができたんだよね~
たしかに、みんなと一緒じゃないというのは、不思議に思う
かもしれないですね。マリオの場合には、まだ幼稚園のとき
には、友達ができるような状況じゃなかったから。。。

学校の先生に相談して、一緒に学ぶ時間を少し工夫するとか
できたらよいのですけどね

> 時間をかけて、もう一度・・・ですね

そうなんですよね。。。
ほんと3歩すすんで2歩さがる(ふるっ!
まあ、1歩すすんでいるから、ヨシということなんですけどね
2005/12/14(水) 01:17 | URL | Hideki > こうめさん #JalddpaA[ 編集]
やるせないですよ~
> この二、三日の日記には胸を詰まらせています。

ありがとうございます。
皆さんにご心配してもらって、ほんと申し訳ないというか、
気持ちがやすらぎというか、感謝の気持ちでいっぱいです。

> 娘もちょっとした事があったのですが、そんなのメじゃないくらい

いや~、ヤベちゃんもお年ごろ、
けっこう悩ましい問題だとも思いますよ

正直いって、
うちも性教育は、ちょっとアンタッチャブル気味なんです。
2年のときの担任が、それを専門とした先生だったのでが、
1年で代わられてしまったので。

でも、むふふ、な一面を報告うけたりしてました(笑
2005/12/14(水) 01:24 | URL | Hideki > 馬場エマさん #JalddpaA[ 編集]
出撃準備はいつでもOKです
> ファイト!トオちゃん!

はい!がんばります!!

ただ、今のマリオにはたぶん見晴台という言葉を聞いただけ
で逆効果になるでしょうから、しばらくそっとしておきます。

僕達の場合は、つらいことも、風呂はいって、一晩寝れば、
気持ちが薄れていきますよね。自閉症児も、ほんの少しづつ
だろうけど気持ちの痛みが薄れていくのじゃないかと思う
んです。

痛みがうすれて、その分、がんばろうという気持ちが頭を
もたげてくるのじゃないか、と。

ちょっと待ってみようかな、と今は考えてます。

2005/12/14(水) 01:29 | URL | Hideki > NANAさん #JalddpaA[ 編集]
祈るような気持ち
> やってしまった事への罪悪感と学校へ行きたいという思いが
> 交錯してるんでしょうねぇ。

これは、確たる証拠は無いのですが、なんとなくそう感じる
んですよ。マリオの気持ちの中で、これがずっと渦巻いて
いるのが。

> 急がば回れ!ですね…ゆっくり ゆっくり良い状態へ
> 向かいますように…

ほんとに、そうなって欲しい。
祈るような気持ちでまってます。

今日は、朝おもては一面銀世界でした。
今年、初の積雪
いつもなら、雪をみるとスキーウェア着て雪投げするのに、
家の中にいました。
でも、さっきから窓をあけて外を見てるので
(おかげでこっちはめちゃ寒い)
ちょっと、気持ちの変化があらわれ。。。ないかなぁ
2005/12/14(水) 01:36 | URL | Hideki > pecoさん #JalddpaA[ 編集]
ようこそ!
どうもはじめまして!
なんというか、今のこと・昔のこと、はては弟のことから、
関係ないものまで、ごった煮のブログですが、
よろしくお願いします。

> 2~3記事を読ませていただいて、ちょっと引いてしまいました。何か不安になってきました。

あぅ、、、もうしわけない。なんか不安にさせちゃって。

でも、これはウソでもなんでもなく、本心から思ってるのですが
自閉症のマリオと一緒にこれまでやってきて、逆に私ら親の方が
なんというか、「恵み」をいろいろともらった気がします。

そりゃ、パニックとかは大変だし、いろいろと悩みもつき
ないですが、その分きらびやかな気づきと発見も多く、
こういう子たちとつきあっていなければ見逃していた感動を
何度も味あわせてもらったように思います。

> うちの息子は言葉がないのです。だから余計心の動きを感じてあげなければと思っています

そうですね。
言葉がなく、表情からそれが読めなくても、ちゃんと豊かな
感性と心をもってると思うのです。

ただ、それが表に出てくるには、あまりにも繊細すぎる
だから、とにかく自然体で接することが重要に思う。
期待したり、意図したりすればするほど、結果が逆なことが多かったです
むしろ、何の働きかけもしてない、ひょんな拍子に
すごいことをしてくれる。
だから、びっくりしちゃうくらい嬉しいし、感動しちゃう

気負わず、あせらず行きましょう。
楽観的すぎるくらいで丁度いいんですよ
2005/12/14(水) 01:47 | URL | Hideki > たんぽぽくらぶさん #JalddpaA[ 編集]
たしかに、いわれてみれば成長してるんですね
> 周りはこう思っても、マリオ君が自分自身で気持ちを整理するのには少し時間が必要なんでしょうね。

うん、そう思ってます。
親の思い違いかもしれないけど、たぶんそうだと思ってます。

> 「期待に応える」これってすごいことですね。

たしかに言われてみればそうですね。
それだけ、中学校の友達が大切な存在になってきたんだろうね
クラスの友達に報告したいんだろうね。きっと。
「親の期待に応えよう」なんて、さらさら思わないクセにね(笑

> こんな気持ちが育ったマリオ君、きっとここも乗り切れるんじゃないかと思います!ふぁいとー

そうだぞ、マリオ!
ふぁいとー
 …って、寝ちまったが
2005/12/14(水) 01:53 | URL | Hideki > こころさん #JalddpaA[ 編集]
心休まることを、祈っています。
Hidekiさん、カリンさん、そして何よりマリオくんの心休まることを
遠くからですが、祈っていますね…


>いつか、きっとまた、学校にいけるよね?
>大切なともだちがいるんだもんね?

時間をかけて、でも積もった雪が、お日様の光を浴びて溶けていくように

春を待つような心持で、お二人が見守ってあげたら

“きっと大丈夫!!”ですよ。

マリオくんには、自分を振り返ったり
おともだちを、意識する心が育っていらっしゃるんですもの。

私も、子どもとの日々をまた少し見つめなおしてみます…
2005/12/14(水) 05:23 | URL | TOMOはは #-[ 編集]
さすがですね!
『急がない。急がせない。』

原則を守り通せるお二人に頭が下がります。
見習いたいと思います。
2005/12/14(水) 20:20 | URL | NANA #-[ 編集]
ありがとうございます
ほんとに、なんとかわかってくれたらなぁ
せめてまずは中学校にいけるようになれば

> おともだちを、意識する心が育っていらっしゃるんですもの。

本当のところはマリオ自身しか分からないのですが、
もし私らが感じたように、友達を意識してるのだとしたら
ほんと、成長したな、と感じ入ってます。
ちょっと驚き。

その意味で、思わぬ大変な事態になってしまったけど、
マリオの見知らぬ側面がみれて良かったです
(っと、ポジティブに考えるようにしよう!)
2005/12/15(木) 01:54 | URL | Hideki > TOMOはは さん #JalddpaA[ 編集]
実は、自分にむけているんです
> 『急がない。急がせない。』
> 原則を守り通せるお二人に頭が下がります。
> 見習いたいと思います。

本音では、焦りと不安でいっぱいですよ。
もう今にも無理やり学校にはこんでいっちゃうくらい

ただ、こうやって皆に宣言しながら
自分に言い聞かせている面もあるんです。
冷静に冷静に、ひとやすみ、ひとやすみ、っと


変なたとえですが、
本音・本心はまぎれもなく自分の姿ですが、
それを包み込んだ姿もまた自分の姿なんですよ。
 …けっして偽りの姿じゃないと思ってます。

短気で直情的な、思い込みの強い部分も本当の私の姿。
いっぽうで、客観的で論理的にとらえようとするのも
まぎれもなく本当の私です。
2005/12/15(木) 02:02 | URL | Hideki > NANAさん #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://calin.blog22.fc2.com/tb.php/77-87042eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。